Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

エレバン→トビリシ、マルシュルートカでの移動。その次の目的地はなんと、、

   

【4/13】

ゲガルド修道院、ストーンシンフォニーの帰り道。日が沈むまでにまだ少し時間があったのでエレバンの町外れを歩いてみることにしました。

DSC_2990

エレバンの中心地は想像以上の都会でしたが、やっぱりちょっと町を外れると町並みは古めかしいものに変わります。

DSC_2998

DSC_3010

ここは日本でいう団地みたいな場所でしたが、棟から棟にかけてロープを張りそこに洗濯物を干すという、なんとも大胆な干し方をしていました。

DSC_3022

ちょっと変わった光景でした。

 

町を歩いていてお腹がすいたので適当にパン屋に入ってパンを食べていたのですが、隣のお客さんと自然と会話が始まり

DSC_3044

気づけばお裾分けを頂くことに。

DSC_3045

隣にいたお客さんは家族連れでおそらく夜ご飯として食べにきていたのですが結局その中に混じって好きなだけ食べて良いよ!ってことに。笑

ヒッチハイクの時もそうでしたがアルメニア人ってほんとにいい人ばかり。

DSC_3046

菓子パン大好きな僕は遠慮なくバクバク頂いちゃいました。

DSC_3049

こちらがその家族。

DSC_3047

子供達はお揃いの小洒落たシャツを。「これも美味しいよ!」「こっちも美味しいよ!」と可愛らしいいい子たちでした。

DSC_3055

パパとママはラブラブ。

 

ほんと、アルメニアでは色んな人にお世話になりっぱなしでした。

 

 

その後は宿に戻り、一泊したのち再度ジョージアへと戻りました。

エレバンからジョージアの首都トビリシまでは来たとき同様、マルシュルートカを利用。

キリキア

トビリシ行きのマルシュルートカはキリキアバスターミナルから出ており、キリキアバスターミナルへはエレバン駅から23番のバスで行くことができます。

 

エレバンを10:30に出発しトビリシに到着したのが16:00。約5時間半の移動でした。

 

で。

 

ここからのルートが面白いことになっていて。

本来なら東周りなので、この次はお隣の国アゼルバイジャンへ抜けてイラン、中央アジア、、といったルートが一般的です。

もちろん僕も半年前はそんなイメージをしていました。ようやくヨーロッパの旅が終わりいよいよアジアへと突入、、みたいな。

 

けど、この後に僕がとった行動はジョージアからスペインへ飛び、そこからさらに飛行機を乗り継いで中米キューバへと向かうというもの。

ジョージア→スペイン

ジョージア・トビリシ→スペイン・マドリッド

スペイン→キューバ

スペイン・マドリッド→キューバ・ハバナ

 

そうです、戻っちゃったんです、かれこれ一年以上前にいた中米に。笑

普通じゃまず考えられないルート。しかも一回行ったことのあるキューバ。

いやー、今考えても凄い動きしてます。笑

効率、コスト度外視、感情の赴くままに世界を放浪とする。まさにこれが旅っていうものですかね。笑

 

まぁなんでわざわざこの国に戻ったかというと。

 

イギリス滞在中にアメリカとキューバが国交を正常化するってニュースが流れたんです。

50年以上も経済封鎖を施行していたアメリカがこのタイミングでの国交正常化。

「えっそのため?」

って思う人もいるかと思いますが、そのためです。

普通に観光するだけだったら一度訪れた国に、しかもアジアの一歩手前まで進んでおいてわざわざ戻るなんてことはあまり考えられませんが、こと写真を撮ることに関してはこれは凄く面白みがあることで。

旅をする中で、世界の絶景や人々を撮るのはもちろん楽しいことでしたが、記録に残すツールである写真は歴史的な瞬間や時代の変化を残すのも非常に重要なことで、写真の一番の醍醐味と言えるかもしれません。

今回のキューバ、アメリカ国交正常化に関する発表において、正直この時期に行ってすぐに違いが分かるわけではありません。これから大使館を設置したり、物資の輸出入に関する取り決めを行なったり、明確な変化が見えてくるのは数年後でしょう。

ただ、”変化”を見るには、変化が起こる前の姿をしっかりと写真に収めておく必要があります。仮に、「今回は一度訪れたしまたお金貯めて三年後に行こう」と思っても、もう2014年までのキューバは戻ってきません。僕はこの一年で写真のスキルもモノの見方も、人との接し方も多少なりとも変化してると思ったので再度訪れて”2014年までのキューバ”を自分のカメラで収めておきたいと考えました。

 

そして、その気持ちはT&H Photographyで一緒に活動している中川さんも同じで、今回アイスランドに続き再び合流して一緒にキューバの撮影を行なってきました。

その写真はすでにT&H Photographyキューバ特集で公開しているので、よかったらそちらの写真をご覧下さい。

 

あれ?このリンクを載せちゃえばもうこのブログでキューバ編を書く必要はないのかな?笑

ブログもだいぶ遅れてますしね、、これでキューバ編済ませちゃったらブログもだいぶ早く進みますね、、って完全に楽しようとしてますが、

一応、このブログでも旅の記録として書いていく予定です。笑

 

ということで、次回からは一気にエリアが変わり、中米キューバ編に入ります。引き続きよろしくお願いします。

 - アルメニア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Comment

  1. バスケットマン より:

    こんにちは。

    久しぶりに訪問してみたら、中東エリアから中南米、そして帰国とビックリしました。(笑)。

    やっぱり、今の日本社会に生活している自分の立場からすると、昔の戦後復興時の日本って感じですね。

    車なんかも、旧アメ車のマスタングがまだ走ってるみたいだし。

    世界一周お疲れ様でした。

    • hideki より:

      バスケットマンさん

      ブログさぼってて申し訳ありません^^;
      ついに帰国しました!色々ありましたが無事帰国することができました!
      ブログ読んでいただき本当にありがとうございました。
      キューバ、モロッコ編が残っているのでもうしばらくお付き合いの方よろしくお願いします。笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_2074
ジョージア→アルメニア、マルシュルートカでの移動とエレバンでの宿

【4/11-13】 ロシア国境付近の村カズベキを観光したあとは一旦首都のトビリシ …

DSC_2726
空から降り注ぐ石柱群”ストーンシンフォニー”

【4/11-13】 前回はヒッチハイクをしてアルメニアの大学生4人組にガルニ神殿 …

DSC_2309
エレバンからゲガルド修道院への行き方

【4/11-13】 アルメニアの首都エレバンに着いた翌日、今回の目的地であるゲガ …