Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

エレバンからゲガルド修道院への行き方

   

【4/11-13】

アルメニアの首都エレバンに着いた翌日、今回の目的地であるゲガルド修道院へ行ってきました。

ツアーなどを利用するわけではないので、ローカルバスを乗り継いで向かいます。

行き方としては前回紹介したエレバン駅の前バス停から73番のバスに乗り、ベンツのディーラーの前まで行きます。

DSC_2228

こちらがディーラー。

駅を出発してから20分くらい進んだ頃に坂道を登り始め、進行方向右手にプールのウォータースライダーが見えてきます。そこを過ぎてしばらくすると進行方向右手に今度は上の写真のベンツのディーラーが見えてくるのでそちらで下車。僕は10時半くらいに乗ったのですがメチャクチャ混んでて座れませんでした。できるなら右側の外観を確認できる位置に座った方がいいかも。

DSC_2231

ベンツのディーラーで降りるとすぐ裏手にこのような駐車場があります。

DSC_2230

駐車場側から見るとこんな感じ。

この駐車場がゲガルド修道院方面へ向かうローカルバスの発着地になっており、ここでバスを待ちます。

DSC_2229

ベンツのディーラーに着いたのが11時でゲガルド修道院行きのバスが出発したのが11時半。上の写真の284番のバスを利用しました。

事前にネットで調べた情報ではゲガルド修道院に行きたければ、一歩手前のゴクト村というところまで265、266、268番のどれかに乗り、そこからは歩いて行くか、ヒッチハイクをするかしかないとのことでした。

ただ、結論から言うと僕が今回利用した284番はゴクト村を通過し、なんと目的地のゲガルド修道院まで行ってくれたのです。

ネットで何人かのブログを参考にさせてもらっていたのですが、そんな情報は1つもなかったのでたまたまだったのかなんなのか、、

DSC_2236

料金は事前の情報よりはその分高かったのですが、乗り換えなしのスムーズな移動だったので満足でした。

ちなみに料金は500ドラム(130円くらい)。

DSC_2241

バスはかなりオンボロでちょっと坂道になると全くスピードが出ず。距離的にはそんなに遠くなかったはずですが、結局1時間近くかかってようやくゲガルド修道院に到着。

DSC_2244

DSC_2255

上の写真の駐車場のところまでバスは行ってくれました。

DSC_2254

DSC_2259

DSC_2262

入り口の門をくぐると、

DSC_2500

こちらが今日のお目当てのゲガルド修道院。

ここは301年に歴史上初めてキリスト教を国教と定めたアルメニアでも古い歴史を持つ修道院で、4世紀ごろに建てられたんだとか。

修道院の一部は岩盤をけずって作られており、洞窟修道院なんて呼ばれているそうです。ゲガルドという名前の由来は”槍”という意味の”ギガルド”が由来。

DSC_2270

こちらの入り口をくぐると、

DSC_2275

中は真っ暗。ロウソクの光と窓から差し込む光がなんとも神秘的。

DSC_2373

DSC_2274

ロウソクに火を灯す人々。

DSC_2296

修道院の中をさらに奥に進むと教壇があります。この高い位置にある窓から差し込む光が一番の撮影スポットかと。

DSC_2345

灯りがほとんどないので、この光だけが綺麗な線を描き室内を照らしてくれます。

DSC_2318

DSC_2568

僕が訪れたときはちょうどミサがあっていました。

DSC_2577

キリスト教を歴史上初めて国教と定めただけあって信仰心は強いのでしょう。

DSC_2309

修道院の人が来ている服装も珍しくなかなか面白かったです。

DSC_2547

すぐ脇には川が流れています。アザト川。この場所は標高1750mもあるそうです。

DSC_2602

建物は先ほど行った中央聖堂の他に洞窟でできた教会などもあります。

DSC_2626

一通り見終わったところで、ゲガルド修道院を後にしお次はここに来る途中にあったガルニ神殿を目指します。

DSC_2629

旅人の噂では”ガルニ神殿は入場料を取るわりにはしょぼい”ということでしたが、ひとまず行ってみて判断しようと。

行きはバスですぐ目の前まで来れましたが、帰りはバスがなかったので歩き、もしくはヒッチハイク。

DSC_2645

まぁ写真も撮りたかったですし、最初歩いてみて疲れてきたらヒッチハイクを試みるという作戦でトボトボ歩き始めることに。

DSC_2647

午前中はあまり芳しくない天気でしたが、午後の15時を過ぎたくらいから回復しだし歩くのには気持ちのいい日差しでした。

DSC_2651

んで数十分歩いて満足したところで、ヒッチハイクを試みることに。

まぁヒッチハイクなんてそんな簡単に捕まらないだろうし気長に待とう、と思っていたのですが一台目の車が見えたところで手を挙げると、いとも簡単に車が停車。ガルニ宮殿まで行きたいことを告げると即オッケーの返事をもらい車に乗り込むことに。

DSC_2652

乗せてくれたのは、エレバンに住む大学生4人組。ゲガルド修道院を観光しちょうどエレバンの町まで帰る途中でした。

学生というだけあって、ノリもメチャクチャ良く、変なアジア人がヒッチしてきたということでテンションもマックス。音楽をガンガンにかけ始め皆で大合唱。

DSC_2654

そのままの勢いで「酒でも飲むか!」という話になり、

DSC_2655

途中でビールを調達して、ガルニ神殿の駐車場で一杯引っ掛けることに。笑

DSC_2657

おつまみには薫製チーズとナッツ。

DSC_2659

青空の下、車のボンネットをテーブルに駐車場の真ん中でプチ飲み会を楽しみました。

DSC_2661

しかもお酒やおつまみは全てご馳走してくれる歓迎ぶり。アルメニア人はいい人ばかりって聞いていたけど、本当にその通り。

DSC_2662

ビールに加えコーラまで差し入れにもらっちゃいました。

彼らはそのまま町へ戻るということで、ここでお別れ。めちゃめちゃいい人たちでした。

 

ということで、無事目的地のガルニ神殿に到着。

この続きは次回に書いていきます。

 - アルメニア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_2726
空から降り注ぐ石柱群”ストーンシンフォニー”

【4/11-13】 前回はヒッチハイクをしてアルメニアの大学生4人組にガルニ神殿 …

DSC_2074
ジョージア→アルメニア、マルシュルートカでの移動とエレバンでの宿

【4/11-13】 ロシア国境付近の村カズベキを観光したあとは一旦首都のトビリシ …

DSC_3049
エレバン→トビリシ、マルシュルートカでの移動。その次の目的地はなんと、、

【4/13】 ゲガルド修道院、ストーンシンフォニーの帰り道。日が沈むまでにまだ少 …