Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

空気まで美味しい、大自然を堪能できるメスティアとその周辺の景観

   

【4/3】

ウシュグリから戻ってきた翌日はメスティアの町とその周辺をゆっくり歩いてみました。

DSC_0007

この日は天気も良く、外を歩くにはもってこいのウォーキング日和。前日、前々日はドンヨリとした分厚い雲に加え雪まで舞う天候だったので青空を見たのはこの日が初めて。

DSC_0015

山の斜面に建ち並ぶ復讐の塔も光輝いてます。

DSC_0213

シーズンを完全に外しているので本来なら山の木々もこげ茶色で残念な感じだったのですが、前日の雪で綺麗に雪化粧された様子はこの時期ならではの風景。DSC_0022

こんなに綺麗なんです。九州に住んでいると中々こういった景色を目にすることがないので僕としてはかなり新鮮でした。

DSC_0227

日本でも北陸や東北や辺りで見れるでしょうし、いつか行ってみたいですね。

DSC_0023

町の周辺を歩いていると、公園の中に馬が、、

DSC_0032

日本じゃ絶対考えられない光景です。笑

遊具がある公園で馬が遊んでるなんて。笑

DSC_0100

そしてお次は、どこからともなく牛が登場。小川の上流の方からゆっくり降りてきたみたいです。

DSC_0111

家畜好きの僕としては撮らないわけにはいきません。

DSC_0149

それにしてもいい天気。空気が澄み切っていて外を歩くのがほんとに気持ちがいい。

DSC_0154

青い空、雪化粧された山々、小川に生える緑の草花のコントラストが美しいんです。そしてそこに佇む動物たち。

DSC_0165

自然好きなら間違いなく好きになる場所だと思います。

DSC_0217

DSC_0220

DSC_0254

遠くの方の山の中腹に教会の姿が。ほんと、これこそ絶景です。

DSC_0237

このときは一人でトボトボ歩いていたのですが、途中でイギリスから来たというバックパッカーのダレンと一緒に見て回ることに。上の写真の右下にちっちゃく写ってる彼です。

DSC_0285

彼も自分と同じようにイギリスで一般企業に勤めていたみたいですが、2年前に辞めてからはDJやったり写真を撮ったりしながら世界各国を旅しているそうです。

DSC_0276

お互い写真が好きということで、二人で川を一生懸命撮ることに笑

DSC_0275

遮光フィルター使って川を流して撮ってみましたが全然うまくいかなかったので日本に帰って練習します。笑

DSC_0290

ある程度散歩したところで、一旦町へ戻りましたが朝から歩き回ってまだ時間もあったので、お次は逆サイドの山へトレッキングへ行くことにしました。

DSC_0297

道を歩いていたら道幅一杯に凄い車が走ってきました。ロシア軍から盗んできたかのようなイカつい車。

DSC_0303

こんなに良い天気なので犬もウッドデッキでのんびり。

DSC_0306

トレッキングに行くと言っても適当に山へ入って行くわけではなく、インフォメーションへ行けばちゃんとしたトレッキングルートを教えてもらえます。山頂には大きな十字架が立っているのでそれを目指します。

DSC_0308

十字架へは2つのコースがありますが、このときは昼過ぎであまり時間がなかったということで距離的に短そうなコースを選択。

DSC_0317

が、山道で距離が短いということはそれだけ急勾配を進んでいくわけで、、

写真では伝わりにくいですが、かなりの勾配の坂を上っていきました。予想以上の道のりに一緒に行ってたダレンも息切れ、汗だくでたまらず休憩を取ります。笑

DSC_0323

そして、進んで行くうちに道はさらに険しさを増し、急勾配に加え落ち葉と雪というもの凄く滑りやすいコンディションに、、

正直、両手も一緒に使わないと登れないレベル。笑

油断したら簡単に滑り落ちてしまう過酷さでした。さすがにこの様子を目の当たりにして下した決断は

「この道は間違っている。降りよう。」

ということでした。笑

インフォメーションでもらった地図とGoogleマップを照らし合わせて進んできた道でしたが、頂上へたどり着くことができませんでした。笑

おそらく山に入る直前でミスったんでしょう。それかほんとにこの道が正しくて、青葉が茂る春や夏だったら大丈夫的な。

DSC_0325

ひとまず、ここまで付き合わせたダレンには申し訳ないことをしてしまいました、、ごめんなさい笑

DSC_0327

それでも斜面から見える風景はとても綺麗でお互いこれで満足しました。

DSC_0330

遠くの方の雪山にちょうど光が差し込みこれはほんとに綺麗な光景でした。

DSC_0339

写真を撮るダレン。

DSC_0362

ダレンとは山を降りてお別れ。僕はまた別の場所にサンセットを狙いに行ったあと宿に戻り、ジョージアのお酒チャチャを飲みながらナジの美味しい手料理を頬張りました。

DSC_0371

宿に戻る途中に出会った子供達。カメラにも興味津々でジョージアの伝統的な踊りを踊ってみせてくれました。

DSC_0379

DSC_0384

DSC_0414

日もだいぶ傾き、天気も調子よかったので今日は良い夕日が撮れそうだなと期待を胸に撮影へ。

DSC_0452

家畜がいたらとにかく撮ります。

DSC_0458

DSC_0537

そして、雪山が夕日で真っ赤に染まることを期待したのですが特に変わることなく、そのまま暗くなってしまいこの日はこれにて終了。

DSC_9467

宿に戻れば夕食が待っています。

 

こんな感じで大自然を満喫したメスティア、ウシュグリ観光。

ジョージアの家庭料理も食べることができましたし、一通り楽しめたかと思います。

でも次はやっぱり夏のハイシーズンに戻ってきたいですね。そしてウシュグリでももう少しゆっくり滞在してみたいです。

ということで、次回はメスティアを後にして、首都のトビリシを目指します。

 - ジョージア(グルジア)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_8039
トラブゾン→クタイシ→メスティア、バス移動。結構大変でした。

【3/31】 この日はトルコを抜け、お隣の国グルジア(ジョージア)へ。ロシアとの …

DSC_2009
ジョージア、カズベキを代表する絶景。天高くそびえ立つツミンダ・サメバ教会

【4/7-9】 到着した翌日、この村のメインスポット、ツミンダ・サメバ教会へ向か …

DSC_8378
大自然溢れるメスティアの町と”ジョージアの暮らし”が楽しめるナジの家

【4/1】 前回からだいぶ空いてしまいましたが、流れとしてはトルコからジョージア …

DSC_0617
ジョージアの首都トビリシの街歩き

【4/5-7】 トビリシについた翌日はさっそく町歩き。同じ宿で、ジョージアに長期 …

DSC_8918
ヨーロッパ最後の秘境と呼ばれる場所・ウシュグリ村

【4/2】 メスティアに到着した次の日は一旦この町を後にし、更に山の奥にあるウシ …

DSC_9471
メスティア→トビリシ、マルシュルートカでの移動とトビリシでの宿。

【4/4】 この日はメスティアからトビリシへ移動。 朝から吹雪いていたため外を歩 …

DSC_0799
トビリシ→カズベキ、マルシュルートカでの移動。絶景ロードのグルジア軍用道路。

【4/7-9】 ジョージアでの最後の目的地カズベキを目指します。 トビリシから北 …

DSC_0986
カズベキ村

【4/7-9】 ジョージアの首都トビリシを昼前に出発し、13時半には到着したカズ …