Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

コトルからアルバニアの首都ティラナへ

   

【11/16-11/17】

ティラナ

コトルからさらに南に下っていきます。

次に向かったのはアルバニアの首都ティラナ。ティラナへはバスを乗り継いで行くこともできるみたいなのですが、なんでも乗り継ぎがなかり面倒みたいで、時間にして7〜8時間掛かるとのことでした。

10月にロンドンを飛び立ってから1ヶ月半、短いスパンで移動を繰り返していたこともあり、この時期には若干の移動疲れ。

そんな中、宿から出ている「コトル→ティラナ」行きの直行シャトルバスを目にした時には、完全に心を鷲掴みにされてしまいました。笑

もちろん、料金は多少高いのですが、バスを利用したら乗り換え毎に手荷物料かかるみたいだし、ここのルートの評判の悪さと、所用時間を考えたら払ってもいいかなと。

シャトルバスの料金は35ユーロ(4600円くらい)で、所要時間は約4時間。朝に出発して昼くらいに到着する感じです。移動で一日つぶして1泊余計にかかるよりかはトータルで考えたらいいんじゃないかな。よく分かりませんが。

DSC_6356

ティラナへ向かう道中、天気はイマイチでしたが、やっぱりモンテネグロの自然は心惹かれるものがあり、また別の機会に、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、その他にも今回行けてないセルビア、マケドニアあたりの含め、ゆっくり回ってみるのもいいかなと思いました。

DSC_6393

モンテネグロは人口62万人で国土も福島県(確か)くらいの大きさしかないのですが、国立公園も4つあり、自然を楽しむという意味では充実しているのかと。

DSC_6404

今回シャトルバス(といっても蓋を開けたら普通乗用車だったのですが)での移動であったため、結構融通が利いて、途中車を止めて写真を撮らせてもらったり、観光スポットに連れて行ってくれたりしました。

DSC_6429

運転手は泊まっていた宿のオーナーさん(気前のいいおばちゃん)だったのですが、移動中はモンテネグロやアルバニアの歴史や経済について色々教えてくれて、正直移動というよりは、観光ガイド付きのプチツアーみたいなノリでした。

DSC_6435

モンテネグロはアドリア海に面しているため、夏には大勢の観光客が押し寄せるみたいですが、海沿いの大型ホテルなどはほとんどロシアの資本で建てられたものなのだとか。国の規模があまり大きくない上、歴史的な関係もあり経済はロシアに依存せざるおえない状況みたいで、結構好き放題やられてるんだそうです。近年では特に大型ホテルの建設ラッシュが続いていて、豊かな自然や美しい景観を残したい地元住民の意とは反する形になっているみたいです。

DSC_6441

ここはモンテネグロかアルバニアか忘れちゃいましたが歴史ある橋みたい。けど橋に近づこうとしたら「そこから先は行っちゃダメよ!」と。この橋から先はジプシー(物乞い)が多くいるそうで、金目のものを持っている旅行客は危ないとのこと。

やっぱりこういうのって地元の人だからかわる情報なんですよね。ガイドブックには載っていない情報。

DSC_6630

と言った感じで、ただの移動だけかと思ったら予想外に楽しめて逆に得した気分でした。

DSC_6624

ティラナではスカンデルベグ広場の前で降ろされそこから宿に向かいます。

DSC_6487

アルバニアで泊まった宿はこちら。ホステル・プロバガンダ。

1泊9ユーロ。

 

Hostel Propaganda 

Rruga Pjeter Bogdani

1001 ティラナ

アルバニア

+355689042744

 

DSC_6493

日程の都合もありましたが、ティラナは1泊して次の場所へ向かいました。

DSC_6494

ここアルバニアはヨーロッパに分類されるのですが、これまで訪れた国とはだいぶ雰囲気が違いますね。殺伐としていて、これまで緩んでいた気が一気に引き締まりました。笑

DSC_6510

ただ少し街歩きをしただけなので本当のところはわかりません。

DSC_6558

DSC_6597

街で遊んでいる子供達とも少しコミュニケーションも取りましたが、普通にいい子達でしたし、夜に出歩いても特に問題ありませんでした。

DSC_6605

とにかく、あまり馴染みがないため謎が多い国です。

DSC_6618

観光と言っても特になく、唯一見たのが、ジャミーア・エトヘム・ベウト。

DSC_6646

イスラム教の寺院です。このガラはフレスコ画だそうです。部屋の壁は全てこの柄が描かれています。

DSC_6651

祈りを捧げる人。

DSC_6652

DSC_6653

正直最初は入っていいものか分からなかったのですが、この司祭さん?みたいな人が入っていいよと言うことで中まで入って写真を撮ってきました。こういうのって宗教上色々なルールがあると思うから難しいですね。イスラム圏に行ったことがないので特に。

DSC_6656

DSC_6663

以上がアルバニア・ティラナについてでした。

この次は、ギリシャへと向かいます。

 

 - アルバニア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Comment

  1. ちかみさん より:

    4000円くらいで乗れるtirane行きのミニバスが出ている
    ホテルの名前を教えてください、

    • hideki より:

      ちかみさん

      ホテルの名前を記録していなかったため名前を覚えていません、、
      お力になれずに申し訳ありません。

  2. 勝部 聖子 より:

    突然のメッセージ失礼します。
    丁度今、バルカン半島を旅しています。
    シャトルバスでティラナへ行ける方法があると知って、興味を持っています。
    予約方法、予約した宿の名前など教えていただけないでしょうか?
    また、ティラナの治安は女性にとってどうかも、肌感覚で構いませんので聞かせていただけますと幸いです。
    よろしくお願いします。

    • hideki より:

      勝部さん

      コメントありがとうございます。
      ホテルの名前は覚えていないんですよね。。申し訳ありません。
      予約自体は、ホテルの受付で行いました。週に1,2回しか出ていなかったので僕は数日待ちました。
      ティラナはあまり治安がいいとは言い難いです。
      情報があまりない場所でしたのでカメラなども極力出さずに行動していました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした