Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

中世ヨーロッパをぎゅっと詰め込んだ街・プラハ歴史地区

   

【10/22】

クラクフを後にして、次に向かった先はチェコの首都プラハ。今回は寝台列車で移動することに。

DSC_6753

DSC_6762

ヨーロッパでも有数の観光スポットであるプラハには、ルネッサンスやゴシック、バロック様式といった様々な建築様式の中世建築があり、中世のヨーロッパをぎゅっと詰め込んだような、そんな場所になっています。

DSC_6841

プラハにはプラハ城をはじめ数々の観光名所がありますが、街歩きだけでも十分にその魅力を楽しむことができるかと思います。とにかく様々な様式の建築が所狭しと並んでいます。

DSC_6763

トラムに乗って街並みを眺めるのもいいかも。

DSC_6859

最初は、街を一望できる見晴らしのいい丘を目指すことに。特にルートを決めずに丘の上へ向かう道をフラフラ進んでいきます。

DSC_6861

朝ご飯も食べてなくて小腹が空いたので朝食を。何かはよく分からなかったんですがチェコの名物ですかね。パンみたいなやつ。

って説明がざっくり過ぎる、、笑

DSC_6887

そして、ある程度坂を上ったところで街並が見えてきます。バルト三国もそうでしたがオレンジ色の屋根が映えます。

ただ、あいにく天気はイマイチ。冬のヨーロッパはどこもこんな感じかな?やっぱりシーズンオフ?

DSC_6965

とまぁ、ぶつぶつ言いながら

DSC_7292

丘を上り切ったところにプラハ城があるのですが、その写真はまた後でお見せするとして、旧市街広場へと向かいます。

DSC_8415

プラハは街中どこへ行っても観光客で溢れているのですが、ここ旧市街広場は特に多くの観光客で賑わいをみせています。広場には色とりどりの中世建築が。

DSC_8408

DSC_8443

そしてこちらがこの広場にあるゴシック様式の旧市庁舎。ここにあるプラハ天文時計は毎正時に十二使徒の像が現れる人形仕掛けの時計になっていて、時間が近づくと大勢の観光客がこの場に押し寄せます。

DSC_8434

こんな感じ。とにかくごった返しています。

DSC_8438

この小さな窓からキリストの十二使徒が現れては消えてを繰り返します。

DSC_8396

一段落したところで、旧市街広場を後にして再び街歩き。

DSC_7709

夕日に照らされるプラハ城とヴァルダヴ(モルダウ)川。

モルダウ川。

この名前どこかで聞いた覚えがありませんか?そうです、中学(確か)の音楽の授業で歌ったあれです。

「ボヘミアの川よ〜モルダウよ〜」ってやつ。

チェコの作曲家スメタナの連作交響詩組曲「わが祖国」の第2曲「モルダウの流れ」。頭の片隅に妙に張り付いて残っている、この曲。

まさか十数年後にその舞台に立つとは、中学生の僕は思いもしなかったでしょう。笑

DSC_7715

そして、プラハのランドマーク的存在のカレル橋。

14世紀に造られ、左右の欄干にはチェコの聖人や英雄が15体ずつ、合計30体並んでいます。

DSC_7724

ここも旧市街広場同様、かなりの賑わいをみせているスポット。

大道芸にも力が入ります。

DSC_7732

DSC_7756

DSC_7923

DSC_8273

そして日が沈んだ頃に再度プラハ城を訪れました。

DSC_8221

プラハ城は「世界で最も大きなお城」らしくギネスブッックにも記載されているみたいです。

他の城を色々見てきたわけではないので何とも言えませんが、とにかくデカいです。そして、夜にライトアップされると余計に迫力が増します。

歴代のボヘミア王、神聖ローマ皇帝、そして現代の大統領の居城として今でも使用されているそうです。

DSC_8257

こちらはプラハ城内にあるゴシック様式の聖ヴィート大聖堂。ほんとうに細部まで造り込まれていて、ここまでの規模のものは他ではなかなか見れないかと。

DSC_8247

DSC_8308

ちょっと駆け足でご紹介しましたが、夜のプラハもまた違った雰囲気を味わえるので、是非昼と夜2つのプラハを楽しんでみて下さい。

 

 - チェコ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_8662
世界一美しいと称されるチェスキー・クルムロフの街並み

【10/25-10/28】 チェコ南部にある、今なお中世の面影をそのまま残す場所 …

DSC_8749
プラハ→チェスキー・クルムロフ、バス移動

【10/25】 この日はプラハからチェスキー・クルムロフへ向かうことに。 チェス …