Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

リガ→シャウレイ、バス移動

   

【10/9】

この日はリガからバルト三国最後の国リトアニアに入ります。

シャウレイ

リトアニアは1918年にロシアから独立を果たした人口325万人の国。

僕が訪れた時はリタス litasという自国の通貨があったのですが、なんでも2015年1月1日よりユーロを導入したそうです。ほんとついこの前の話ですね。確かに僕が訪れた10月にも町のあちこちに通貨切り替えのポスターが貼ってありました。できればもう半年早く導入して欲しかった。笑

色んな国を旅していると通貨の換金って面倒だし、手数料も取られるし、手間のかかる作業なんですよね。その国を出る時はしっかり使い切らないともったいないし、何より硬貨は重い。笑 チリも積もれば山となる、です。

ちなみにエストニアは2011年、ラトビアは2014年にユーロへの切り替えが完了しています。

ということで。

リトアニアは、首都ビルニュスに向かう前に、途中のシャウレイ(Siauliai)という町に寄ることにしました。

この町には十字架の丘というリトアニアではメジャーな観光スポットがあるので、それを拝みに行ってきました。

リガバスターミナル

リガ旧市街からバスターミナルは目と鼻の先。歩いても問題なく行ける距離にあります。

 

DSC_3959

リガバスターミナル。

ちょっと薄暗い感じですね。バルト三国はスリが多いという話なので十分注意して下さい。以前も書きましたが、僕もここリガでスリに遭いかけました(マックでの出来事)。事前に気づいたので良かったのですが、治安のいい北欧と同じノリでいったら痛い目にあいます。笑

 

リガからシャウレイは時間にして約2,3時間の距離。リガを15時に出発してシャウレイに到着したのが18時。

15:00 リガバスステーション(Autoosta, Pragas iela 1) → 18:00 シャウレイ(Autobusu storis, Tilzes g. 109)

 

DSC_3956

チケットはEcolinesという窓口で購入し9ユーロ。

1a乗り場でバスはEcolinesのものではなく、Klalpedos社のものでした。このあたりはよくわかりません。

 

DSC_3960

DSC_3983

そんなわけで、シャウレイには無事に着いたのですが、なんでもここシャウレイ。結構な田舎町でネットで検索しても宿がどこも高い。

ドミトリーなどの安宿もなく、どれもシングルルームで1泊20ユーロ以上。

また、十字架の丘以外はこれと言った観光スポットもないため、宿代や時間を節約したいなら朝一にリガを出発し、バスターミナルに荷物を預けて十字架の丘を観光した後、そのままバスで次の町へ向かうのがベターかもしれません。

僕はゆっくり写真を撮りたかったので、シャウレイで1泊しましたが。参考までに泊まった宿情報を記載しておきます。

 

・Allos Namai

住所:Alkos g. 7, Aleksandrijos k., Šiaulių r., LT-76271 シャウレイ

電話:+37064012612

料金:シングルルーム1泊 21ユーロ 朝食付き

 

 

DSC_3978

外観は撮っていないのですが、部屋は一軒家の一間を借りた感じ。建物も綺麗ですし、朝食付きなのでこんな田舎だったら20ユーロは仕方ないなと言ったところです。

 

DSC_3979

ちなみに英語はほとんど通じません。リトアニア人の多くの人はリトアニア語を話すと言われていますが、確かにその通り。ロシア語だったかもしれませんが。でも宿主さんはほんとにいい人で、ホスピタリティは素晴らしなと感じました。

 

ということで、次回は十字架の丘について書いていきます。

 

 - ラトビア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_3870
タリン→リガ、バス移動とリガ旧市街の街並み。

【10/7-10/9】 エストニア・タリンの次に向かったのは、お隣の国ラトビアの …