Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

フィンランド・ヘルシンキ観光その2:ヘルシンキ大聖堂とテンペリアウキオ教会

   

【10/2】

DSC_2410

ヘルシンキのランドマーク的存在、ヘルシンキ大聖堂。

街の小高い丘の上にあるこの白亜の教会は美しい夕日を見るにはうってつけの場所。

DSC_2424

教会の前にはセナーティ広場(Senaatintori 元老院広場)が広がっていて、街中とは違いゆっくりのんびりとした時間を過すことができます。

DSC_2445

DSC_2435

教会の中へは無料で入ることができ、扉をくぐったすぐ裏には大きなパイプオルガンが。

この教会はロシアからの独立をはたすまでは聖ニコラス教会と呼ばれていたそうですが、建築家カール・エンゲルの設計でネオ・クラシック様式に改築。

DSC_2438

DSC_2437

中はドーム型の造りになっていて、かなり広い空間になっています。

中央駅から東に歩いたところにあり、距離もそんなに遠くないので、観光やショッピングに疲れたら真っ赤に染まる街並を見に足を運ぶと良いかもしれません。

 

また、別の日にはここもヘルシンキの有名な観光スポット、テンペリアウキオ教会へ行ってきました。

DSC_2557

外観は「ここがほんとに教会?」と思えるような雰囲気。なんでもここテンペリアウキオ教会は「ロックチャーチ」と呼ばれていて、天然の岩山を10m掘って地下に作った世界でも珍しい教会なんです。

教会といえば、先ほど紹介したヘルシンキ大聖堂みたいなのを想像しますからね。

DSC_2558

そして、重たい銅製の扉を開けて中に入ると、

DSC_2581

そこには、これまで訪れた教会とは一味も二味も違った雰囲気が。

DSC_2564

天井の巨大な丸い銅板とそこから降り注ぐ光はとても神秘的で、時間が経つのを忘れさせてくれます。

DSC_2591

岩山を掘って作ったと言われるだけあって、中はむき出しの岩で囲まれています。

DSC_2606

そしてパイプオルガンの音色がまた美しい。

DSC_2575

さすが、先進的なデザインを生み出す北欧ならではの教会だなと感じました。

次回もヘルシンキ観光について書いていきます。

 

 - フィンランド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_2795
フィンランド・ヘルシンキ観光その3:サウナ発祥の地でサウナに行ってきた話

【10/2】 どれだけの方がご存知かは知りませんが、フィンランドはサウナ発祥の地 …

DSC_2707
フィンランド・ヘルシンキ観光その1:ハカニエミ・マーケットホール

【10/2】 イギリス→デンマークと移動してきて、フィンランドの首都ヘルシンキに …

DSC_2935
ヘルシンキ→タリン、フェリー移動

【10/2】 ヘルシンキで利用していたホステルをメモしておきます。 今回利用した …