Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

北アイルランドの世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイ

   

【9/19-21】

DSC_1749

 

スコットランド独立における住民投票翌日。

前日最も盛り上がっていた広場へ再度足を運んでみると、そこには独立否決という結果を受け入れられず、うなだれる人々の姿が。

 

DSC_1735

 

結果が拮抗していたからこそ、余計に悔しい思いでいっぱいだったのでは。

 

DSC_1756

 

最終的な開票結果は反対55.3%(200万1926票)に対して賛成44.7%(161万7989票)。

最終的には40万票近く差がつきましたが、有権者の84.59%が選挙に参加するという、非常に高い関心を集めていたことは間違いありません。

 

今回独立とはなりませんでしたが、これがキッカケで独立運動が他の地域へも派生していく可能性も十分にあり得るので、今後ともそういった動きには注目していきたいものです。

 

ということで、スコットランドについてはこれでおしまい。

選挙の翌日はそのまま海を渡って北アイルランドを目指すことに。

 

ベルファスト

 

以前も書きましたが、北アイルランドはイギリスを構成する一国なので、入国の際もパスポートはいりません。

グラスゴーからベルファストまではフェリーを利用。

夕方16時半にグラスゴー市内を出発しフェリーターミナルについたのが18時半、そこからフェリーに乗り込み2時間半の船旅後、ベルファストのホステルに着いたのは結局22時半過ぎ。その日はもちろんどこへの行けないので宿で就寝。

 

DSC_1771

 

翌日、ホステルから出ているツアーに参加し、目的地のジャイアンツ・コーズウェイを目指しました。

 

DSC_2020

 

北アイルランド北部に位置するジャイアンツ・コーズウェイは、世界遺産にも登録されている北アイルランドを代表する観光スポット。

 

DSC_2007

 

何が凄いかというと、こちらの石柱。六角形の形をした玄武石が約8kmにも渡って海岸線を覆い尽くしているんです。

 

DSC_1995

 

これ、人が作ったものではなく自然にできたものなんです。なんでも、約5000万年~6000万年前に起きた火山の噴火により流出した溶岩が冷えて固まってできたんだとか。

 

DSC_2006

 

で、何で六角形になるか気になってちょっと調べてみたんですが、玄武石含め火成岩(溶岩が冷え固まったもの)はSiO2っていう化合物が含まれていて、そのSiO2の結晶構造が六角形なんですよね(ある方向から見れば)。んで高温でドロドロに溶けた溶岩が急激に冷やされると、最も安定なで固まろうとします。この場合だと六角形。冷えるのは物体の表面からなので、この六角形の亀裂が表面(二次元、x軸,y軸的な)にどわーっとできて、その後内部(z軸方向)へ進行していくため、こんな風に六角柱になる・・・とリサーチ結果より結論付けたのですが、どうでしょう。笑

 

DSC_2000

 

とまぁ、他の人からしたらどうでもいいのでしょうが、ブログのネタになるなと思って調べてみました。笑

 

この六角柱の岩はこの場所に限らず、火山の噴火によってできた土地なら見れるかと思います。アイスランドにもあるって言いますしね。でも海岸線にこの光景がずーっと続いているのは珍しいのではないかと思います。

 

DSC_2016

 

大きいものではこんな、人の2,3倍はあろうかという高さにまでなってました。しかもきっちり六角形のまま。

 

DSC_1996

 

北アイルランド一の観光スポットと言っても過言ではない場所なのでメチャクチャ人がいます。

 

DSC_1819

 

このツアーでは他にもいくつか回りましたが、カメラの電池が瀕死状態だったのでほとんど写真を撮っていません。笑

 

DSC_1983

 

そして滞在が2日程度だったので、北アイルランド自体をあまりよく見ることができませんでしたが、場所が場所なだけに手つかずの自然がかなり残ってる感じです。

 

DSC_1986

 

こちらは昼食で食べた北アイルランドの伝統料理。牛すじの煮込みみたいな。何の肉か忘れちゃいました。

 

ということで、スコットランドのおまけ的な感じになってしまいましたが、北アイルランドについてはおしまいです。

 

 - イギリス ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_9498
ノスタルジックな街並み、エディンバラ

【7/23-10/1】   ロンドンの次はスコットランドの首都エディン …

DSC_6817
ロンドン観光その3:バラマーケットとロンドンブリッジ

【7/23-10/1】   イギリスと言えば「飯が不味い」と言うのは有 …

DSC_6328
ロンドン観光その2:キングス・クロス駅 9と4分の3番線とアビーロード

【7/23-10/1】   今回はミーハーな観光スポット2つを書いてい …

DSC_7130
ロンドン観光その4:白い断崖、セブン・シスターズ

【7/23-10/1】   崖好きとしては外せないなと思い、ロンドン市 …

DSC_1241
スコットランド独立運動

【9/18】 スコットランドを訪れたのは観光のためでもありますが、このタイミング …

DSC_6389
ロンドン観光その1:バッキンガム宮殿

【7/23-10/1】   イギリスの首都ロンドン。 海外からの観光客 …