Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

スペイン・バルセロナから見る21世紀の産業

   

 

【7/18-22】

 

スペイン・カタルーニャ州の州都バルセロナ。

 

DSC_4141

 

ここ10年で観光客数を4倍にまで伸ばしたスペインを代表する観光都市です。

現在では人口1人当たりの観光客数でフランスのパリをはるか凌ぎ、欧州トップクラスの観光都市にまで発展した世界的に見ても注目度の高いスポットです。

ノルウェーの次にどこへ飛ぼうか色々悩みましたが、今注目の観光地のハイシーズンの様子を実際に体験してみたかったということもあり、今回この地を選びました。

 

DSC_4646

 

話は少し逸れますが、”ハイパーメディアクリエイター”として知られる高城剛さんの著書によると21世紀における最大の産業は「観光業」。

 21世紀における最大の産業は「観光業」です。自動車産業でも航空宇宙産業でもありません。雇用の面でも売り上げの点でも、観光産業に匹敵する産業は見当たりません。

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか―― スペイン サン・セバスチャンの奇跡(祥伝社新書284)

 

これは確かに自分自身でも納得できる部分があって。

今では当然の様に1人1台携帯電話を持ち、田舎に行けば1人1台車を持っている。欲しいものがあれば楽天やアマゾンなど、ネットでボタン1つでいつでもどこでも購入可能。しかもちょっと時間をかければ以前とは比較にならないくらい安値で購入することもできでしまう。

これだけモノが溢れて人々の生活を豊かになった時代、次に何を求めるかと言えば、「体験」なんじゃないかと思います。特に、そこでしかできない体験、そこでしか食べれない美味しい食材など、お金を持っている人は多少費用がかかっても惜しまずに使うんじゃないかなと。

 

DSC_4554

 

この傾向をさらに加速させたのが、IT革命の次に起こったとされる「航空革命」。

日本でも数年前にLCC(ローコストキャリア)が参入してきたことにより、その恩恵を受けている人も多くいるはず。現に僕もその一人で、今は各国のLCCをフル活用して移動費を出来るだけ抑えて旅を続けています。

今後、中国をはじめとするBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)が経済成長を続け、その中流層が海外旅行に出かけることが予想されていて、より多くの人々が国境を跨いだ移動を始める時代に突入すると考えられます。

 

DSC_3812

 

なので、いかに早くこの流れに対応し自国に観光客を呼び込めるかが21世紀を生き残る条件になってくるわけですが、それを40年も前から取り組んでいたのが、ここスペインなんです。

様々な時代背景から「観光を主力産業にする」といった流れになったのですが、観光立国を実現できた大きな要因がLCC(ローコストキャリア)の普及であることは間違いないかと思います。(その他にもEU主要国であるドイツ、フランスなどから飛行機で1、2時間程度といった距離、温暖な気候であることがあげられます。)

 

DSC_4645

 

そして、実際にこの地を訪れてみたらわかりますが、とにかく街全体に活気があります。

その国、その街の雰囲気などは市場に足を運んでみれば一番わかるのですが、

 

DSC_4602

 

ここがバルセロナの観光名所の1つにもなっているボケリア市場

 

DSC_4599

 

肉、魚、野菜、フルーツなど様々な食材が並んでいるこの市場はバルセロナに住んでいる人々の台所になっていると同時に、世界の食通たちにとっても大変魅力的な場所であります。

 

DSC_4556

 

市場の中に併設されているバルは常に満席で、行列を作るほど。特に写真のこの店は本当に人気があるみたいで、いつ来ても多くの観光客で賑わっていました。

 

DSC_4559

 

DSC_4542

 

市場にある食材はどれも新鮮で、見ているだけでもよだれが垂れてくる。。

 

DSC_4483

DSC_4596

DSC_4517

DSC_4520

 

丸ごと一本買ってかぶりつきたい。

 

DSC_4462

DSC_4463

 

肉、魚、野菜の他にもキノコやナッツ、香辛料など様々な食材が売ってあるので、今だとAirbnbを利用して一週間くらい住んでここの食材を使って食事を楽しむってのもいいかもしれませんね。

旅をするように生活する。そんな場所にピッタリかと。

 

DSC_4468

DSC_4532

DSC_4470

DSC_4156

 

僕は食材を買う余裕はなかったので、100%フルーツジュースを飲んだり、

 

DSC_4455

 

魚介類を使ったパスタを食べたり、薫製ハムをつまみ食いしたり食べ歩きをしました。

 

DSC_4597

 

本当、ボケリア市場はバルセロナの活気を一番に感じることが出来る場所なので、訪れた際は是非足を運んでみて下さい。

 

DSC_4607

 

その他にも、町を歩けばそこかしこでエンターテイメントが溢れています。

 

DSC_3927

 

これもバルセロナではよく見る光景ですが、色々な場所に大道芸人がいます。

 

DSC_3920

DSC_3918

DSC_4624

 

準備中の大道芸人。

 

DSC_4636

DSC_4613

DSC_4616

DSC_4818

 

もちろん夜も眠らせてくれません。海岸沿いへ行けば毎日のように音楽ライブをやってます。

 

DSC_4838

DSC_4840

 

NYにしろバルセロナにしろ世界有数の観光都市は、様々な手段を使って人々を楽しませてくれます。

 

DSC_5508 2

 

とにかく、ここバルセロナは一度訪れるべき場所かと思います。

 

この他にも世界的にも有名なサッカーチーム・バルセロナFCの本拠地があったり、世界遺産にも登録されているアントニオ・ガウディの作品群など見所多数。

今回はサグラダ・ファミリア、グエル公園などに行ってきたので次回はそのことについて書いていきます。

 

 

 - スペイン ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_5980
バルセロナ→リーズ

【7/22】     この日はバルセロナを離れる日。次の目的 …

DSC_5072
バルセロナのシンボル的存在、サグラダ・ファミリア

【7/18-22】   バルセロナと言えばやっぱりコレでしょう。 &n …

DSC_3797
バルセロナの街歩き

【7/18-22】   今回はバルセロナでの街歩きをざーっと振り返って …

DSC_4888
グエル公園

【7/18-22】   グエル公園。 小高い丘の上にあるここもガウディ …