Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

ノルウェー・オッダにある断崖絶壁の絶景「トロルの舌」

   

【7/13】

 

バス停で一夜を過ごした翌朝、トロルの舌へ向かう前に軽く散歩することに。

 

DSC_2151

 

天気も良く、風も穏やかだったため水面への写り込みが美しい。

 

DSC_2175

 

絵に描いたような風景ですね。朝の散歩がほんとに気持ちいい。

 

DSC_2162

 

朝の散歩を終え、いざトロルの舌へ!と思ったのはいいのですが、よく考えたら前日は野宿。

この日も宿を取るつもりはなかったので、大きい荷物も手元にあることになります。さすがにこれを持ってトレッキングするわけにもいかないし、放置するのはまずありえない。

そこで、お金を払ってでもいいから近くのホテルに荷物を預かってもらうことにしました。

 

ホテルはインフォメーションセンターのすぐ近くにあったので、そちらへ。

そして受付の人に荷物だけ預けたい旨を伝えると、なんと無料で預かってもらえることに!どんだけいい人なんだこのやろー。

この町にはお世話になりっぱなしですほんとに。

 

ということで荷物も無事に預けたところで、バスへ乗り込みいざトロルの舌へ!

バスは7時台の最初のやつに乗ったかと。

 

 

DSC_2180

 

バスは山道を登っていきます。

 

DSC_2188

 

窓からの景色も最高。

 

DSC_2194

 

そして、約30分くらいで登山口に到着。

 

DSC_2201

 

ちょうどシーズンのためか多くの人がこの地を訪れていました。登山口にはインフォメンションセンターもあり、水やスナックなども買うことができます。まぁ値段が高いので出来れば町で調達しておいた方がいいですね。

 

DSC_2204

 

目の前には、急勾配のレールが。昔使用されていたトロッコ用のものでしょう。

 

よし、気合い入れて登るか!と思っていたところ、入り口のところに人が立っていて「ここは通行禁止だからだめだ」って止められてしまいました。

いや、何人か登ってるんだけどなー、と思いながらも僕含めこの場にいる人は正規のルートに誘導されてしまったので、ここは登らず。

 

DSC_2209

 

こちらが正規のルート。看板も立っています。「Trolltunga」というのがトロルの舌のこと。

 

DSC_2210

 

まぁ修行みたいに坂道を黙々と登るよりも、森の中を歩いた方が楽しいと思うのでこっちの道を行くこととします。

 

DSC_2218

 

トレッキングは初っぱなから急な上り坂。

 

DSC_2221

 

愛犬を連れてトレッキングしてる人も多く見かけました。ヨーロッパの他の場所でトレッキングした時も多く見かけたので、こっちではこれが普通なんですね。

日本ではどうなのかな?少なからず僕は見たことがありません。

 

DSC_2224

 

急な山道なので少し登っただけで汗をかきますが、早朝ということで気温も低く、差し込む光りの綺麗なので、

すごく気持ちがいいです。

 

DSC_2227

 

登山口の前に広がっているダムがあんな遠くに見えます。

 

DSC_2237

 

トレッキングは「T」と書かれた目印を辿って進んでいきます。

 

DSC_2251

 

ようやく開けた場所に出たところでちょっと一休み。

 

DSC_2253

 

山の頂部には雪が積もっており、眺めも最高。

ここから先は割と平坦な道が続くので歩きやすくなります。

 

DSC_2275

DSC_2295

DSC_2302

DSC_2310

 

とにかく大自然の中を歩いていきます。高齢のお年寄りや小さい子供も歩いていたので、よっぽどのことがない限りは辿り着けるかと思います。

ただやっぱり時間は片道4〜5時間。水分や食料はしっかりと準備しておいた方がいいですね。

 

DSC_2323

DSC_2327

 

前半の方はいくつかの山を越える感じで、山の間を歩いていくのですが、

 

DSC_2353

 

終盤になってくると崖沿いを歩いていくルートに変わります。

 

DSC_2381

 

ここからの眺めが本当に素晴らしい。

急勾配の斜面とむき出しになった岩肌。氷河の浸食によって造り出されたこの光景はこの地方独特のものかと。実際にこの場に立つとその迫力に圧倒されます。

 

DSC_2374

 

そして水の青さ。もう少し天気が良く光りの差し込みがよかったらもっと綺麗に見えたかと。

 

DSC_2400

 

そして、途中突然の雨に襲われコンデジを1つ失いながらも辿り着いた場所がこちら。

 

DSC_2633

 

断崖絶壁の絶景「トロルの舌」。

 

標高1000mの高さから突き出た1枚岩。ポキッと折れてしまってもおかしくないような、そんな形をしています。

 

DSC_2582

 

これは本当に絶景。ここに立つとそれはもう、天下取った気分になれます。

とにかく大自然のスケールが違い過ぎて、見てても距離感がおかしくなる。

 

DSC_2486

 

ということでここからは余すことなく写真をアップしていきたいと思います。

 

DSC_2490

 

女の子三人組。

やはりこの場所でジャンプは鉄板でしょう。なんか距離感ありすぎて背景が合成みたいになってますが、実物です。

 

DSC_2492

 

崖の先っちょに座って両手万歳。

これもなかなか怖いですね。標高1000mで風も吹いてますので。

もちろん命綱なんてしてないので、落ちたら終わりです。笑

 

DSC_2608

DSC_2457

 

そして赤ちゃんもこの舞台へ。

 

DSC_2460

 

これで遊園地の絶叫マシーンなんて屁でもないでしょう。

 

DSC_2638

 

気になる崖の周辺ですが、こんな感じになってます。

 

DSC_2654

 

こちらは崖の裏側。

実際は結構幅があるので、折れることがないかな。

 

DSC_2599

 

正直、トロルの舌周辺が全て崖なのでどこに立っても怖いです。この女の人もサラッと立ってますけど十分怖いですからね、その場所。

 

DSC_2695

 

少し奥の方に行くとこちらも垂直の崖。

 

DSC_2697

 

崖フェチにはたまらない場所ですね。

 

DSC_2426

 

もちろん僕もこの場に立ってきました。

 

DSC_2500

 

崖の先っちょに座ったり、

 

 

DSC_2429

 

ジャンプしてみたり、

 

DSC_2511

 

三点倒立してみたり。

僕がトロルの舌を訪れたこの日は、日本からテレビ東京の方が取材に来ていて、なんやかんや撮影されていました。

 

DSC_2480

 

僕も日本人と言うことで取材をされましたが、結局本番ではカットされてたみたいです。

わざわざこんな場所まで機材抱えて、すごいなーと思っていたら、

 

DSC_2616

 

ヘリでさっそうと帰って行きました。

 

DSC_2713

 

といった感じで、思う存分楽しんだあとは、また来た道を歩いて帰ります。

帰りは完全に晴れてくれて、最高のトレッキング日和となりました。

 

DSC_2721

 

トレッキングも、そもそもノルウェーのこんな端っこまで来るのも一苦労ですが、他ではなかなか味わえない絶景がそこには待ち構えているので、是非足を運んで頂きたいオススメスポットです。

 

 

 - ノルウェー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Comment

  1. はだ より:

    水田さん
    トロルの舌でお会いした取材クルーの者です。偶然に見かけて、懐かしく拝見しました。放送ではカットしてしまってすみませんm(__)m帰国されて、写真展開いてたんですね。水田さんに撮っていただいた僕の崖の先っちょ写真は、今もパソコンの壁紙です。東京に来られたら、ぜひ、連絡くださいませ。

    • hideki より:

      はださん

      お久しぶりです!あのときはお世話になりました。
      先日大阪で写真展を開催し、来週は地元佐賀で開催予定です^^
      東京でも写真展やりたいと考えているのでその時はご連絡します!
      またお会い出来る日を楽しみにしてます^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_3732
スタヴァンゲル→バルセロナ

【7/17】   トレッキングから帰ってきた後はまた少し町歩き。 &n …

DSC_3289
奇石!崖の間に挟まった珍しい石「シェラーグ・ボルテン(Kjeragbolten)」

【7/16】   雨で断念した前日とは打って変わり、絶好のトレッキング …

DSC02377
スタヴァンゲル(Stavanger)宿情報

【7/15】   朝。周囲の騒がしさで目が覚めた時、直感的に嫌な予感が …

DSC02371
ノルウェー・ベルゲンからオッダへバス移動

【7/11】   この日はいよいよNYを離れる日。 次の目的地はノルウ …

DSC_2792
オッダ→スタヴァンゲル、バス移動

【7/14】   トロルの舌から戻ってきたその日もバス停で一晩過し、昼 …

DSC02374
オッダからトロルの舌までの行き方(バス時刻表あり)とプライドを捨てた件

  【7/12】   昼過ぎに到着したオッダ。 この時期(夏 …