Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

僕の背中を押してくれたHOLSTEEの「THIS IS YOUR LIFE」

   

【6/20-7/11】

 

僕は旅に出る前にこんなエントリーを書いていました。

それはNYにある小さな会社の心打たれるマニフェストについて。

 

manifesto_sarah_desktop

 HOLSTEE

 

THIS IS YOUR LIFE

 

世界一周の旅に出る前。

勤めていた会社を辞めるという決断、大学院まで行って積み重ねてきたキャリアを全て捨てるという覚悟、収入源がゼロになるという将来への不安、様々な葛藤がある中で僕の背中を押してくれたのはまぎれも無くこの言葉でした。

 

この言葉は「HOLSTEE」というNYにある小さな会社が事業計画書のかわりに作ったマニフェストで、NYを訪れた際は必ず足を運んでみようと思っていた場所でした。

 

そして、今回実際にHOLSTEEのオフィスへ足を運んでみたのでそのことについて。

 

HOLSTEEのオフィスは、NYのブルックリンという地区にあり、前回も紹介したようにここ数年デザイナーやクリエイターたちが多く集まってきている、注目を集めている地区です。

 

DSC_1511

 

ブルックリンという地区は元々が倉庫街であったため建物の造りはこのように古くからある煉瓦造で、どの会社もこういった建物をリノベーションして活用しています。

もちろん今でも倉庫として使われている場所もありますし、実際HOLSTEEのオフィスがある通りも多くのトラックが出入りする場所でした。

 

 

 

当初からNYへ訪れた際は立ち寄ろうと考えていたのですが、実際に行った時はアポなし。

 

アツい気持ちだけでの突撃訪問。

ほんと、なんたる無礼者かって話ですね。

 

実際、オフィスのドアを押して中に入っていった時は、皆さん僕を見てキョトン。。

まぁなんかよく分からない薄汚い髪の毛もじゃもじゃのアジア人が入って来たぞって思ったでしょう。

 

でも、様々な想いを胸にここに来た僕としては、もうこれまでの想いを伝えずにはいられず

ここに来た経緯と今自分が実際に仕事を辞めて、世界を旅しているという事を

片言の英語でそれはもう必死に説明しました。

 

どんなに仕事で疲れてても、毎月安定して振り込まれる給料で自分の欲しい物が買えても、そして職場にも慣れて居心地が良くなっても、この「THIS IS YOUR LIFE」というメッセージを見る度に、自分が本当にやってみたい事にチャレンジする勇気をもらいました。

 

そしてその事を伝えるとHOLSTEEの方たちも、自分たちのマニフェストを見てそんな行動を起こす人がいるのかと、わざわざ日本からこのオフィスまで足を運んでくる人がいるのかと、

半ば信じられない様子で感激し、僕の訪問を受け入れてくれました。

 

DSC_1491

 

こちらがエントランス。そこにもしっかりとマニフェストが飾られています。

 

オフィスはデザイン会社だけあって堅苦しい雰囲気もなく、オシャレな内装。

 

DSC_1484

 

そして、HOLSTEEのスタッフの方々。みんな気さくでいい人ばかり。

 

DSC_1510

 

一緒に写っている男性トーマスが、この会社についてや実際にあのマニフェストを作った人などを説明してくれました。彼がこの会社のWeb担当でプログラマー。僕もWebの勉強をしているのでWebサイトの構造についても色々と教えてもらう事ができ、良い勉強になりました。

 

DSC_1492

 

こちらはマニフェストのスペイン語バージョン。スペイン語バージョンを見るのは初めてですが、こうやって翻訳されて色んな国の人が小さな一歩を踏み出せたら素晴らしいことだなと感じます。

 

それだったら。

 

日本語バージョンもないのかなーと軽い気持ちで聞いたところ、

 

なんとありました、日本語バージョン。

manifesto960

 

これにはちょービッックリ!

まさか日本語バージョンが存在していたとは!

 

何でも書道家の秀麗さんという方が書かれているみたいで。HPには載ってないみたいで今回は直接データとして頂きました。

もーほんとにラッキー。HDの方にも大切に保管しておきます。

 

 

DSC_1493

 

DSC_1495

 

ミーティングルームはアメリカらしい、壁がホワイトボードになっているもの。

 

DSC_1498

 

DSC_1503

 

インテリア1つ1つがどれもセンス溢れててかわいいものばかり。

 

DSC_1504

 

ぜーんぶ買って帰りたいけど、荷物になるので今回はお預け。通販も出来るみたいなのでお金貯まったら買います。

 

DSC_1608

 

そして最後はこの会社のCEO(真ん中の女の人)の方と写真を撮られて頂きました。

ほんとにほんとに良い思い出です。

 

 

また、今回色々とご相談してHOLSTEEのマニフェストと僕の世界一周中に撮った写真をコラボさせてもらえることになったので、また出来上がり次第報告したいと思います。

 

最後にHOLSTEEのマニフェストの日本語訳を載せておきます。

このメッセージを見た誰かの一歩になってくれたら幸いです。

 

manifesto_sarah_desktop

 

これはあなたの人生です。

 

自分が好きなことをやりなさい。

どんどんやりなさい。

 

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

 

人生をかけて愛する人を探しているなら、それもやめなさい。

その人は、あなたが好きなことを始めたときに現れます。

 

考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。

 

すべての感情は美しい。食事をひと口ひと口、味わいなさい。

新しいことや人々との出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい。

私たちはそれぞれの違いで結びついているのです。

 

自分の周りの人々に何に情熱を傾けているか、聞きなさい。

そして、その人たちにあなた自身の夢を語りなさい。

 

たくさん旅をしなさい。

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

 

ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。

 

人生とはあなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作るもの。

だから、待っていないで作り始めなさい。

 

人生は短い。

 

情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

 

 - アメリカ ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Comment

  1. バスケットマン より:

    今年も旅のブログ期待してます。

    素敵ですね。こういう背中を押してくれる何かがあると。

    • hideki より:

      バスケットマンさん
      あけましておめでとうございます。
      いつもコメント頂きありがとうございます^^
      今回このエントリーを書いて、改めて「自分のやりたいこと」と向き合う大切さを実感しました。
      どうぞ今年もよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_5933
ゴールデンゲートブリッジ - 人生で最高のサンライズ –

  朝5時起きでゴールデンゲートブリッジに行って来ました。 &nbsp …

DSC_1793
アメリカ・ニューヨーク編はこれにておしまい。チキンオーバーライスの話とか。

【6/20-7/11】   今回がNYについては最終回。   …

DSC_9627
ニューヨークの宿・SHARED GUEST HOUSE

  【6/20-7/11】   ニューヨークでは知り合いに紹 …

DSC_5490
サンフランシスコのユースホステル・フィッシャーマンズワーフについて

  今日は夢の街ラスベガスに来ています。まぁカジノ目的ではありませんが …

DSC_1078
自由の女神の行き方とタダで見る方法

  【6/20〜7/11】   NYについて書くのも、残りわ …

DSC_0063
SATURDAYS SURF NYC・本場のサタデーズに行ってきた

  【6/20-7/11】   ニューヨークの来て一番最初に …

DSC_6327
サンフランシスコの町並み #2

  前回に続き今回もサンフランシスコの町並みを。   &nb …

DSC_0617
ギリシャ料理と空中公園ハイライン

  【6/20-7/11】   この日は、ゲストハウスで一緒 …

DSC_6133
サンフランシスコの町並み

    ゴールデンゲートブリッジを見に行った帰り道。 時刻は …

DSC00224
サンフランシスコからラスベガスのホテルまでの移動手段

  サンフランシスコの街並みやコーヒーを楽しんだところで、次の目的地ラ …