Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

マヤ文明の聖地、チチェン・イツァ

      2015/01/07

 

【5/25】

 

この日は午前中にセノーテを楽しんだ後、午後からはマヤ文明の象徴的な遺跡、チチェン・イツァを見に行くことに。

 

DSC_7302

 

チチェン・イツァへはツアーなどは利用せず、町から出てるローカルバスを利用しました。メキシコではおなじみのADO社の窓口。

料金は片道26ペソ(200円くらい)。

 

バヤドリッドからチチェン・イツァまではバスで1時間弱の距離。

 

チチェンイツァ

 

DSC_7304

 

有名な観光地なので、デカデカと看板があり駐車場もしっかり整備されています。

 

DSC_7305

 

そしてこちらが入り口。

 

DSC_7306

 

まぁ当然のように入場料を払って入るわけですが、

 

DSC_7308

 

その値段がなんと204ペソ(1600円くらい)。

メキシコの物価からしたらかなりの金額です。

 

こんなの現地の人はどうするんだろう、と思ったら

 

DSC_7309

 

そこはしっかりしています。

現地人価格と外国人価格に分かれていて、上の写真でいうと上段の137ペソが現地人価格、下の204ペソってのが外国人価格になっています。

 

まぁ現地人価格でも日本円にすると1000円ちょっとなので結構いい値段しますね。

 

そしてチケットをゲットして中に入ります。

と、入りかけたところで警備員に止められてしまい、

 

なんだろなー、と思っていたら「三脚の持ち込みはダメ」とのこと。

確かにこのような遺跡では遺跡保護のために三脚の使用を禁止しているところがほとんどです。

 

三脚は没収されるわけではなく、荷物を保管するクロークがあるのでそちらへ預けます。

三脚お持ちの方は是非ご注意を。

 

DSC_7311

 

若干のごたごたはありましたが問題なく中へ。入ってみると、予想通り多くの観光客が訪れていました。

 

さすが、世界的に有名なスポットだけあってここの人口密度は異常ですね。

 

そして、探す必要もないくらい存在感を示している、こちら

 

DSC_7317

 

この遺跡のメインとも言えるピラミッド、エルカスティージョ。

このピラミッド、一度くらいはテレビで見た人も多いんじゃないでしょうか?

 

マヤ人の知能の高さを表しているこの遺跡。

 

DSC_7323

 

DSC_7324

 

例えばこの蛇みたいな顔の生き物。

 

ケツァルコアトルといって羽を持つ蛇なんだそうですが、春分、秋分の日のある時間帯になるとこの頭部が太陽に照らされ、またピラミッドの側面にこの蛇の蛇行した姿が映し出されるそうです。

 

DSC_7350

 

また、このピラミッドの階段の段数は91段、その階段が4つあるので合計364段。最後に一番上にある神殿をのせることでトータル365段になりこれは一年の日数に相当します。

 

これは天体観測に優れ、一年を365日と把握していたマヤ人だからなせる技術なんでしょう。

 

DSC_7340

 

DSC_7339

 

こちらは戦士の宮殿(確か)。

 

DSC_7327

 

その南側にはいくつもの石柱が。本当は千本あるらしいんですが、絶対そんな数ありませんでした。

 

DSC_7346

 

DSC_7329

 

DSC_7334

 

DSC_7337

 

DSC_7345

 

とこんな感じで、色々な建物がありましたが知識が乏しいため他の建物についてはよくわからず。

 

DSC_7347

 

何でもそうですが、遺跡などを回るにはある程度のバックグラウンドが欲しいところです。

 

DSC_7356

 

一通り見終わったところで宿へ戻る事に。

帰りは、出口の目の前にあるお土産屋さんを突き抜けたところに一本の木が立っており、その付近で待っていると来る時と同じADO社のバスが来ます。

 

バス待ちの人がいるので分かるかと。

 

DSC_7358

 

バスの時間になるとチケット売りの兄ちゃんがフラフラとやってくるのでチケットも問題なく購入する事が出来ます。

 

という事でチチェン・イツァについてでした。

 

次回ももう少しメキシコ・カンクンについて書いていきます。

 

 - メキシコ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_6695
カンクンからトゥルムへ、そしてセノーテ・ドス・オホス

  【5/22】   前回の投稿からずいぶん時間が空いてしま …

DSC02012
メキシコ最大の宗教都市・ティオティワカン

  【6/14】   メキシコシティ滞在2日目は、ティオティ …

DSC01748
バヤドリッド→メリダ→メキシコシティの移動と世界から見た日本の文化について

  【6/10-11】   ようやく2週間滞在していたバヤド …

DSC_7504
バヤドリッドでの日々

  2週間滞在したバヤドリッドでは宿のメンバーで大富豪したり、Barに …

DSC_7120
セノーテ・サムラとシケケン

  今はバルト三国の1つ、ラトビアの首都リガに滞在中。こちらはもう冬に …

DSC01790
メキシコシティ到着

  ***** リアルタイムではアイスランドが終わり、二度目のイギリス …

DSC_8118
世界遺産にもなってるメキシコ国立自治大学の壁画を見に行ってきた話

  【6/14】   午前中にティオティワカンを観光した後は …

DSC_9374
世界遺産の町、グアナフアト

  【6/15】   この町は着いた瞬間に好きになりました。 …

DSC_7943
バヤドリッドの町並みとこの町でグダグダしていたワケ

  【5/23】   トゥルムを一通り見終わった後は次の町バ …

DSC02099
メキシコシティ→グアナフアト、バス移動

  【6/14】   この日はメキシコシティを後にし次の町グ …