Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

プエルト・イグアス→イグアス居住区、バス移動

      2015/01/07

 

【5/1】

 

プエルト・イグアスを後にして次に向かった先はパラグアイにあるイグアス居住区

名前はイグアスとついていますがアルゼンチンのイグアスの滝とはまた別の場所です。

 

次の目的地へ向かう前日は、一緒にイグアス観光したメンバーで食事を。

ここがアルゼンチン生活最後ということで、贅沢にもレストランでステーキを食すことに。

 

DSC01133

 

僕含め、みんな自炊では散々ステーキを食べていましたが、如何せん貧乏旅行なもので店では一度も食べた事がなくって。

 

けどアルゼンチン最後だし、1人じゃ絶対入らないだろうといことで今回は奮発してレストランへ行く事にしました。

 

DSC01134

 

んでどうせならということでお酒も。

 

DSC01135

 

そしてこちらがメインのお肉。

 

DSC01138

 

この、600グラム近くあるステーキを1人で!

食したわけではなく、みんなでシェアして食べました。

 

はい、そこはやっぱり貧乏バックパッカー。まともに食べてるほどの余裕はありません。

ステーキ、ライス、お酒を頼んで1人1000円くらい。まぁ普段の外食で考えたら普通の値段かもしれませんけどね。笑

 

あとは余ったペソで

 

DSC01130

 

みんなでアイス食べたりと、優雅に過しました。

 

DSC01129

 

ということでここからはプエルト・イグアスからイグアス居住区への行き方をざっくりと。

 

プエルト・イグアス

シウダー・デル・エステ(Ciudad Del Este)

アスンシオン行きのバスに乗り「41km地点(キロメトロクワレンタ・イ・ウノ)」で降ろしてもらう

 

まずはプエルト・イグアスのバスターミナルでパラグアイの国境の町シウダー・デル・エステ行きのチケットを買います。

 

DSC01143

 

今回も前回イグアスの滝行きのバスチケットを購入した「RIO URUGUAY」で購入。

 

DSC01142

 

料金は25ペソ(250円くらい)。

 

出発まで時間があったので

 

DSC01146

 

アイス食べたり

 

DSC01149

 

スイス人のお姉さんたちとおしゃべりしたり。

 

DSC01150

 

んでそんなことしているうちにバスが到着。

このバスに乗れば問題なくシウダー・デル・エステに到着することが出来ますが、ここで1つ忘れちゃ行けない事があります。

 

この移動はアルゼンチンとパラグアイの国境をまたぐため、当然のことながら出入国手続きを行わなければなりません。

ただ、ここの国境。ひじょーーに簡易的なもので、注意しておかなければ普通に通り過ぎてしまうレベル。

 

他の人から聞いた話ですと、乗車時にバスの運転手に「出入国手続きしたい」ということを一声掛けておかないと停まってくれないみたいです。

 

あんな面倒くさい手続きはやらないにこしたことは無いのですが、ここでしっかりとスタンプ押してもらわなければ、パラグアイを出国する時に「お前スタンプないけどどうやって入国したんだ、不法入国か!」みたいなことになりかねかので、ここではしっかりと手続きを行いましょう。

 

DSC01155

 

ですので、僕はバスに乗る前に運転手に出入国手続きしたい事を伝え、ゲートで降ろしてもらいました。

ここで降りたのは僕と欧米人の女性の二人だけ。

 

やっぱりみんな現地の人で手続きなんて行わずに出入りしているみたいです。もう1人の欧米人の人もここで出入国手続きする事を知らなかったみたいで、僕につられて降りてきてました。

 

やはり乗車の際は必ず一声掛ける必要がありそうです。

 

DSC01154

 

手続き自体はものすごく簡単で、ただスタンプ押すだけ。1,2分で終了しちゃいます。

事前に聞いてた話だと、ここで一旦降りたら次に来る同じ会社のバスを待つ必要があるみたいでしたが、僕の場合は乗ってきたバスがそのまま待機してくれていたので、わざわざ次のバスを待つ必要はありませんでした。

 

ということでこのルートを利用する際は注意しておきましょう。

 

プエルト・イグアスを出発して約1時間でシウダー・デル・エステに到着。

すぐに41km地点(キロメトロクワレンタ・イ・ウノ)行きのバスを探します。

 

そもそもなぜ「41km地点」と呼ぶのかというと、イグアス居住区がシウダー・デル・エステから41km地点にあるからです。

なので反対側のアスンシオンからだと286km地点と呼びます。

 

DSC01156

 

バスを降りるとすぐに、いかにも胡散臭そうな兄ちゃん達が声を掛けて来ます。

行き先を伝えると「あーそこね」くらいのノリでバスの場所を教えてくれるので、ここを訪れるほとんどの日本人はイグアス居住区を目指していることが伺えます。

 

バスとしては、パラグアイの首都アスンシオン行きのバスに乗り、41km地点で降ろしてもらうと言った感じ。

料金は20000グアラニー(480円くらい)。

 

バスに乗り1時間半くらい経ったところで目的地の41km地点に到着。

 

DSC01157

 

このESSOの看板が目印です。シウダー・デル・エステ方面から行くと左手に見えます。

一応運転手も教えてくれますが、自分でも確認しておいた方がいいかと。

 

DSC01158

 

そしてそこからこの日の宿「ペンション園田」を目指します。

行き方は下記リンク、ペンション園田さんのHPに書いてあるのでそちらをご覧下さい。

http://pensono.web.fc2.com/access.html

 

DSC_4526

 

バスで降ろされた場所から歩いて数分のところにあります。

 

DSC_4525

 

ということで次回はパラグアイ、イグアス居住区について。

 - パラグアイ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_4533
地球の裏側にある日本、パラグアイ・イグアス居住区

  【5/2】   今回は地球の裏側にある日本「イグアス居住 …