Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

新鮮な魚介類に可愛い家々が建ち並ぶ島、チロエ島

      2015/01/06

 

【4/17】

 

DSC_2929

 

42時間の船旅を終えてようやく辿り着いた島、チロエ島。

ちなみに、地図でいうと

 

チロエ島

これ。

もっと引いて見ると

 

チロエ島2

 

ここ。

約一週間かけて、チリ・アルゼンチン南部を駆け上がってきました。(といってもここもまだ南部なのですが。)

スケジュールが読めないと言われていたアウストラル街道。

 

噂通りのくせ者でなかなかの強敵でした。スタート地点の町チレチコでまさかの三泊するという足止めを食らい、実際のアウストラル街道に突入するやまさかの雨。船からの景色を楽しもうと、チロエ島行きの船旅を選択したら悪天候による欠航のためターミナル泊。出航してからも天気は回復することなく、船の上で42時間拘束。トータル三日を費やす、といった結果に。

 

まぁ長期旅行で割と時間にゆとりがあるからこそできる旅の仕方ですね。

 

チロエ島に着いてから早速町の中を歩いてみることに。

実はここチロエ島には、ちょっと変わった家々が立ち並んでいまして。

 

DSC_2881

 

それがこちら、ウロコのような外壁を持つ家。

 

DSC_2884

 

その多くは海岸線沿いに建てられており、色も形も様々。

なんでこのような外壁になったかは知らないけど、絵本に出てくるようなとても可愛らしい家々です。

 

DSC_2875

 

DSC_2877

 

海沿いを軽く歩いた後は、市場へ向かう事に。

 

DSC_2890

 

DSC_2855

 

ここチロエ島は漁業が盛んで、ウニやサーモンをはじめ、多くの魚介類が水揚げされています。

 

DSC_2857

 

サーモンとかめちゃくちゃウマそう。

僕、サーモン大好きなんです。マグロより断然サーモン。寿司屋に行ったらまずサーモン。

 

DSC_2862

 

と、そんなことはどうでもいいとして。

朝から何も食べていなかったのでここで朝食を撮ることに。

 

DSC_2867

 

選んだのはもちろん

 

ウニ。そしてセビーチェ。

 

サーモン頼まねえのかよって話ですがサーモンは夜のディナーにとっておきます。

 

 

ウニはかなりの大ぶりで、大味かと思いきや味もしっかりとしていてちょークリーミー。

醤油も持参していたので抜群に美味しかったです。

セビーチェはかなりレモンが効いていて、というか効き過ぎていてイマイチでした。。

 

DSC_2871

 

こちらは魚の身を炒めたものを、ジャガイモを擂り下ろして作った生地で包んだ揚げパンみたいなもの。

 

まあまあです。

 

腹ごしらえも済んだところで次は町の中心へ。

 

DSC_2900

 

DSC_2902

 

DSC_2929

 

ここチロエ島は実は世界遺産に登録されていて、その対象がこちらの教会。

チロエ島に点在する16の教会は2000年にユネスコ世界遺産に登録させたそうです。

 

まぁ教会はこれまでお腹いっぱい見てきたので教会自体に対しては特に驚く事はなかったのですが、逆に驚いたのがこの教会の造り、というか素材。

 

よく見てみるとトタンでできてるんです。いや、写真は取り忘れたんですが。

パッと見はゴージャスに見えるんですが、トタンに黄色の塗料を塗っただけというなんともチープな雰囲気。

 

島全部の教会がこの造りかはわかりませんよ。ここだけかもしれませんし。

まぁ世界遺産になった理由もこの島独自の文化とか歴史的な意味も含んでいるんでしょう。実際、チリ本土とは違った雰囲気があります。

 

DSC_2935

 

と、言い聞かせながら

 

DSC_2937

 

町歩きを終了。

 

宿に帰ってからは、市場で仕入れたサーモンとハマグリを使って鍋を食しました。

 

DSC01019

 

これが最高に美味しかった!

サーモンはもちろんダントツで優勝ですが、ハマグリで取った出汁がよくきいていて

久しぶりに日本の味を口にした気がします。あっさりで体に優しいというか。

 

これも新鮮な魚介類をふんだんに使ってるからでしょうね。

大変美味しく頂きました。

 

ということで、チロエ島はこれでおしまい。

次は首都サンティアゴまで戻ります。

 - チリ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC00993
プエルト・トランキーロ→プエルト・チャカブコ、バス移動。

    マーブル・カテドラルを観光した翌日、朝9時のバスで次 …

DSC_8924
アタカマで死の谷、月の谷ツアー行って来た話。

    お昼前に町中をブラブラし、適当に昼食を取ったところで …

DSC00601
アタカマ→ラ・セレナ、バス移動。南に下れば下るほど。。

  ラグーナアルティプラニカ1Dayツアーから戻り、その日の夜には次の …

DSC_0013
世界遺産の町並み、坂とアートの港町・バルパライソ

    サンティアゴ市街の観光を終え、次に向かった先はサンテ …

DSC_9998
ビーニャ・デル・マール

    バルパライソを観光したお次はビーニャ・デル・マール。 …

DSC01042
サンティアゴ→ブエノスアイレス、バス移動。

  【4/20】   意気消沈して宿に戻った後は、スケジュー …

DSC00939
チリ・アウストラル街道を北上:エル・カラファテ→チレチコの移動

  パイネ国立公園からカラファテに戻り、一緒にトレッキングをした二人と …

DSC_9177
ラグーナアルティプラニカ(ミスカンティ湖)1Dayツアー

  アタカマ滞在3日目は、ラグーナアルティプラニカ(ミスカンティ湖)1 …

DSC_0290
バルパライソ→バリローチェ、バス移動。いよいよパタゴニアへ。

  チリ北部・中部をほぼほぼ見終わったところで、お次はチリ・アルゼンチ …

DSC_9665
チリの首都サンティアゴに到着。やっぱり都会ですね。

  夜23:30にラ・セレナを出発し早朝6:30にサンティアゴに到着。 …