Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

チリの秘境マーブル・カテドラル

      2015/01/06

 

DSC_2651

 

トランキーロに寄った目的の1つがこちら、チリの秘境と呼ばれているマーブル・カテドラル。

 

大理石でできたこの洞窟は浸食された岩肌がマーブル模様をしており、光の入り方によっては透明度の高い真っ青な水が洞窟に反射して青く輝いて見えることから世界で最も美しい洞窟の1つと言われています。

 

上の写真は自分で実際に撮ったもので、光の入りがイマイチだったのかネットで見る写真ほど青くは光っていませんでしたが今までに見たことのない個性溢れる洞窟でした。

 

マーブルカテドラルへの行き方は、トランキーロの町のバス停近くに数社並んでいるツアー会社からボートが出ているとのことで、早速行ってみることに。

 

DSC_2339

 

こちらがそのツアー会社。会社というかコンテナ改造したかなり簡易的なモノ。

 

午前9時頃に行ってみたのですが、誰一人として人がおらず、もしやシーズンも終わってしまったためマーブルカテドラル行きのボートも終了してしまったのではないかという不安が。。

 

仕方なく、向かい側にあるカフェでオフィスが開くまで時間をつぶすことに。

 

DSC_2484

 

数十分待っても誰も来る気配がなかったのでダメ元でカフェのおばちゃんに「マーブルマーブル」って叫んでみたら

 

その場に居合わせていたおっさんが

 

「お前らマーブルカテドラル行きたいのか!じゃあちょっとここで待ってろ!」

 

的な感じでどっかへ行ってしまいました。。

 

そして、20分くらい待たされたところでさっきのおっさんが戻ってきて

 

「じゃあ今からいくぞ!」

 

と言ってきたので言われるがままについて行くと

 

DSC_2496

 

湖の対岸の船着場へ。

 

DSC_2498

 

そこには既に10人近く人が集まっていて、全員ボートに乗り込み出発することに。

こんなに人がいたんですね。。

とにかく、出発することができたので良しとします。

 

DSC_2501

 

DSC_2504

 

DSC_2513

 

ボートを走らせること数十分。

 

DSC_2558

 

岩肌がひどくえぐれた場所が見え始め、

 

DSC_2518

 

その場所へボートが徐々に近づいていきます。

 

DSC_2523

 

そして突撃。

 

DSC_2541

 

岩肌のアップ写真。 これも大理石ですが、マーブル模様じゃない場所。

 

DSC_2581

 

湖の岸にはこのようなえぐれた場所がいくつもあり、ボートはその間を出たり入ったりを繰り返します。

 

DSC_2637

 

こちらはマーブル模様の岩肌。

 

DSC_2559

 

DSC_2651

 

そしてこちらがおそらくメインとなるスポット。

どれくらいの年月が経ったらここまでなるんだろう。

 

DSC_2548

 

DSC_2568

 

DSC_2586

 

DSC_2675

 

ツアーは洞窟へ上陸したりなんかもして、往復約2時間で程度で終了。

水の反射は見られなかったけど、洞窟の形や模様はやはり異様。そしてすごいのはなんと言ってもこの湖の青さ。美しさ。

 

とにかく青くて美しい。

 

湖の美しさ、マーブル模様の洞窟もさることながらここまで来る道のりや周囲の美しい自然も含めて「チリの秘境」と呼ばれている場所なんでしょうね。

 

色々と楽しめました。

 

ツアーの料金も知らないまま参加したのですが、請求されたのは一人6000ペソ(1100円くらい)。

まぁ事前の情報もこれくらいだったかと。

 

DSC_2777

 

ということで、トランキーロでの観光も終わり次の町コジャイケ(コヤイケ)を目指すことに。

 

翌日にコジャイケ行きのバスがあるとのことだったので、マーブル・カテドラルを観光したその日は午後は宿でゆっくり過ごし、翌日の午前9時半くらいにトランキーロを後にしました。

 - チリ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_9354
ラ・セレナの町並みとビーチ

  今回のラ・セレナは写真だけでシンプルにいきます。   写 …

DSC_2773
チリ・アウストラル街道を北上:いよいよアウストラル街道へ。が、まさかの。。

  トランキーロ行きのバスを待つこと3日。 日程通りチレチコを出発し、 …

DSC_9745
サンティアゴ市街を一望できるサン・クリストバルの丘

    午前中、サンティアゴの中心街を散策し、美味しい魚料理 …

DSC_8698
砂漠の町、サン・ペドロ・デ・アタカマ

  カラマを20時前に出発し、アタカマに到着したのが22時過ぎ。 &n …

DSC00577
ウユニを抜けてチリのアタカマへ。チリって先進国だったんだね。

    ウユニを満喫したところでそろそろ次の目的地へ。 &n …

DSC01042
サンティアゴ→ブエノスアイレス、バス移動。

  【4/20】   意気消沈して宿に戻った後は、スケジュー …

DSC_9814
サンティアゴの宿情報

  サンティアゴで宿泊していた宿について。     …

DSC_2940
チロエ島カストロからサンティアゴへ。イースター島へ行くはずだったのに。。

  【4/18-4/19】   チロエ島のカストロから次の町 …

DSC00643
チリと言えばやっぱり新鮮な魚介類。が、その先に待っていたのは。。

  ラ・セレナ滞在2日目。   町を歩き回っていると、中心か …

DSC00993
プエルト・トランキーロ→プエルト・チャカブコ、バス移動。

    マーブル・カテドラルを観光した翌日、朝9時のバスで次 …