Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

ウユニ塩湖の1Dayツアーに参加してきた話。

      2015/01/06

 

DSC_7755

 

ウユニでのお気に入りの写真は先にアップしたところで、今回はツアーの詳細について。

 

ここウユニで塩湖行きのツアーをやっていて、多くの日本人が利用しているツアー会社が、

 

穂高(HODAKA)ブリサ

 

多分現地でツアーを組む人のほとんどがこの2社を利用しるんじゃないかなー。

プランはざっくり分けて3つ。

 

・1Dayツアー

内容:列車の墓場、塩のホテル、イソラ・デ・ペスカド(魚の島)、サンセット

時間:10:30〜20:00(これは穂高の場合)

料金:150ボリ(2200円くらい)

 

・サンセットツアー

内容:これはツアーというよりかは、仲間見つけて車チャーターして料金を皆で割り勘するって感じです。

時間:最初にツアーを組んだ人によりけり。大体15:00〜21:00

料金:車が7人乗りなので、7人揃えば115ボリ/人(穂高の場合。ブリサは120ボリだった気が)。大体1700円くらい。

 

・サンライズツアー

内容:これもサンセットと同じ。仲間見つけて車チャーターして料金を皆で割り勘するって感じです。

時間:最初にツアーを組んだ人によりけり。大体2:00〜8:00

料金:車が7人乗りなので、7人揃えば115ボリ/人(穂高の場合。ブリサは120ボリだった気が)。大体1700円くらい。

 

列車の墓場とか塩のホテルとか興味なければ車チャーターするツアーにだけ参加すればいいし、値段もそこまで高くないので両方参加してもいいと思います。

 

ちなみに僕はトータルで5回参加しました。笑

 

人を待ってたってのもあるし、その日の天候で違った風景が楽しめるので興味本位で参加してました。

どうせなら綺麗な写真撮りたい!ってのもあったし。

 

ということで、今回は穂高の1Dayツアーに参加してきたのでそのことについて。

 

DSC_8251

 

こちらがツアー前の穂高の前。

9割方日本人です。ここ日本なんじゃない?ってくらい日本人が居ます。

 

DSC_7492

 

ツアーに使用する車。基本ランクルです。

塩湖までの道は結構悪いのでこれくらい頑丈なやつでないとやってられません。塩水の中に入りますしね。

 

時間になってメンバーが揃えばツアースタート。

最初の目的地は列車の墓場。

 

DSC_7420

 

列車の墓場まではそう遠くなく、数十分で到着。

 

DSC_7435

 

DSC_7422

 

DSC_7458

 

一通り記念撮影を。

 

DSC_7478

 

アメリカに続きここでもジャンプ。

 

DSC_7448

 

ツアーはボリビアの国境越えで一緒だった三人組と参加。

 

また、ちょーたまたまだったのですがリマで泊まったお宿桜子で一日だけ一緒だった大学生、カズキくんとヨウスケくんと偶然にもラパス→ウユニ行きのバスの中で再会。

ウユニに到着して一緒にツアーに参加することに。

 

いやー、ほんと世間は狭いです。まぁ時期も時期だし、南米黄金ルートってだけはあります。

 

列車の墓場をそこそこに見学したことろでお次の目的地へ。

 

DSC_7498

 

DSC_7543

 

次の目的地は塩のホテル。

車はなーんにもないだだっぴろい塩原を突き進みます。

 

DSC_7539

 

DSC_7511

 

途中、トイレ休憩&土産市場。

 

DSC_7512

 

自転車で塩湖を回っている外国人ファミリーも。

 

なかなかのタフネスさ。欧米人ってほんと、こういうアウトドアというか己の肉体で楽しみ尽くす遊び方が好きですよね。バイキング(自転車の方)にしてもトレッキングにしてもランニングにしても。バイタリティ溢れてます。

 

DSC_7518

 

DSC_7531

 

少しの休憩かと思ったらドライバーが他のドライバーと話が盛り上がり始めて、くつろぎだしたところで次の場所へ向かうようにプッシュ。

 

DSC_7551

 

いよいよ塩湖の中へ。

 

DSC_7561

 

見渡す限り真っ白な塩の大地。

360度どこ見渡してもこの風景ってのも、これはこれで良かった。

 

DSC_7562

 

塩湖と言っても、今はシーズンでいえば雨季の終わり頃。

水が張っている場所はかなり少なく、ほとんどの場所が乾いていました。

 

DSC_7569

 

DSC_7608

 

なんだかんだで1時間くらいかかったのかな?

塩のホテルに到着。ここでひとまず昼食を取ることに。

一応1Dayツアーには昼食が付いています。

 

DSC_7576

 

ドライバーが昼食の準備。

 

DSC_7586

 

そうです、別に塩のホテルで昼食を取るわけではなく、

かんかん照りの、サングラスがないとまともに目を開けることができないこの青空の下で昼食を取ります。

 

DSC_7588

 

DSC_7614

 

DSC_7601

 

DSC_7699

 

お腹も満たされたところで次の場所へ、

 

行く前に。

 

ウユニ恒例のトリックアートで遊ぶことに。

 

DSC_7693

 

DSC_7750

 

DSC_7752

 

大の大人が〜

 

って思うかもしれませんが、意外に楽しいもので。笑

僕も最初は、そんな乗り気ではなかのですがやって行くうちに凝り出しちゃって。。

 

ここからは別の日の写真。iPhoneでの撮影。

 

写真 2014-03-02 17 45 47

 

写真 2014-03-02 17 48 02

 

こちらは同じツアーに参加した方から頂いた写真。

 

20140311 089

 

20140311 090

 

20140311 096

 

20140311 097

 

20140311 098

 

20140311 102

 

ほんと、色々な遊び方があるもんですね。笑

やる内容ってのは別に自分たちで考えてるわけではなく、基本的にドライバーさんが何をやるか、どこに立つか、などコンテンツ提供から撮影まで一貫してトータルサポートしてくれます。笑

 

というか、トリックアートの良し悪しはその日ツアーを案内してくれるドライバーさんに全てが掛かってると言っても過言ではないかも。笑

 

ノリがいいドライバーさんだったら自分から進んでやってくれるし、そうでない人は車の中で寝てたりします。

まぁほとんどの人は色々面白いようにやってくれるんですけどね。

 

僕は結局動画まで撮っちゃいましたが、サイズとか編集できてないのでここではアップしていません。

 

20140311 099

 

とまぁこんな感じで日没まで遊んで過して、後は前回ご紹介したサンセットという流れです。

 

イソラ・デ・ペスカドっていうスペイン語で「魚の島」という意味の島にも行ったりしましたが、特に興味も湧かなかったので登ることもなくスルーしちゃいました。

 

以上がウユニ塩湖、穂高の1Dayツアーです。

 

 

時間がなくて鏡張り、サンセットだけでいいやって人は人数集めて車チャーターするだけでもいいかと思います。

「車のチャーターは人集まるか心配」って思う人もいるかもしれませんが、ハイシーズンのウユニには、これでもかってくらい日本人が居るので大丈夫です。

 

ちょっと疲れちゃうくらい日本人がいます。ご心配なく。

 - ボリビア , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_8100
ウユニ名物「宇宙」。僕はこの場所に立ちたかった。

  見渡す限りの満点の星空。   新月の月明かりがほとんどな …

DSC00522
ボリビア、カルナバルの水かけ祭り。面白そうだったのでたまらず参加。

  3月の第一週。   ブラジルのリオのカーニバルに代表され …

DSC01280
ラパスでボリパーかけた件

  【5/4】   サンタクルスを夕方16時に出発し次の町ラ …

DSC00452
クスコ→ウユニ、バス移動。ペルーとボリビアの国境越えとか。

  リマから28時間のバス移動を終え、クスコに到着。   時 …

DSC_8527
死ぬまでに絶対訪れたかった場所「天空の鏡」ボリビア・ウユニ塩湖

  とりあえず。   グダグダ説明するよりもウユニは写真を見 …

DSC00572
ボリビア・ウユニでの食事などなど

  かーーなり更新滞ってました。   もうウユニはとうの昔に …

DSC_4629
ボリビア第二の都市、サンタ・クルス

  【5/3】   ウユニを訪れて以来、二度目のボリビア。 …

DSC01201
イグアス居住区→サンタクルス、バス移動

  【5/2】   イグアス居住区を後にし、次に向かった先は …