Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

リマ→クスコ、28時間のバス移動。まさかの虫歯講習会にストライキ。

      2015/01/06

 

リマの旧市街観光を満喫したところで翌日には次の目的地へ。

 

DSC00321

 

リマ滞在は2日間。お宿桜子さん色々とお世話になりました。

リマを訪れた時はまたお邪魔させて頂きます。

 

 

んで。

 

次なる目的地は

 

ボリビア、ウユニ塩湖。

 

死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

本来ならウユニに行く途中にちょーメジャーな観光地マチュピチュがあるので、リマinで南米をスタートする旅人の黄金ルートとしては

 

リマ→マチュピチュ→チチカカ湖→ウユニ塩湖

 

みたいな流れになるかと思います。

 

 

けど今回ほんとたまたま、偶然にも3/1が新月に当たるの日で、この日は月の明かりがないため星空がヤバいとのこと。星空がウユニ塩湖の水面に写り込んで意味が分からない状態になるって。。

 

ネットなんかでも新月の時のウユニの写真を見ますが、確かにヤバい。。

今回の旅行のメインとして考えていたウユニ塩湖。

 

しかも全力で飛ばせば間に合う日程で新月のウユニが見れるなんて。。

これはマチュピチュすっ飛ばしてでも行くしかないと思い、新月に入る2/28〜3/1の深夜に間に合うようにスケジュールを組みました。

 

いや、正直飛行機で行ってしまえば余裕なんです。日程的に言えば。ウユニまで飛行機通ってますから。

 

 

ただ、僕の旅の考え方としては、大陸間の移動は飛行機を使うにしても大陸内の移動は、行ける範囲は全て陸路で行きたいなと。

自分の足で国境を渡り、バスに揺られながら、国ごとの雰囲気が変わっていくのを自分の目で見る。

 

これこそが本当の旅っていうものなんじゃないかと。

 

 

とまぁ大げさに言ってますが、簡単に言うとお金がないんですよ。

 

南米の国と国との間の飛行機は異常に高い。(いや高いと思ってるのは僕だけかもしれませんが。。)

ペルーとかボリビアになると長距離の移動はバスが一般的なので飛行機は高価な乗り物なのかと。広く普及してないからかな。

 

特に時間に縛られてる旅ってわけでもないので、移動費を安く上げられればその分また別の場所に行けたりツアー楽しめたりするので。また、スケジュール的にもギリギリ間に合うので今回はバスで移動することに。

 

バスのチケットは前日の旧市街観光の時に取っていたので、とりあえずはバスに乗ってしまえばこっちのもの。

 

DSC00325

 

リマ→クスコ 90ソル(3300円くらい)。

 

と、バスに乗る前にまずは腹ごしらえ。

 

DSC00323

 

魚のフライ料理。

リマではセビーチェっていう海鮮料理が有名みたいですが、長距離バスに乗る前に生もの食べる勇気はなかったので、フライ料理を。

 

ちなみにウユニまで直接行けるバスなどはないので、何回か乗り継いで行きます。

まずは、マチュピチュがある町、クスコまで。

 

リマ→クスコ間はスケジュール的には22時間

 

22時間って聞いて、えっ!?22時間も?って思う人もいるかもしれませんが、このバスが定刻通りに着くとこはまずないみたいで。基本24時間はかかるみたいで。

 

 

案の定、僕が乗る時も出発時刻になってもバスは来ず。

13:15出発の予定でしたが、実際に出発したのは14:30。1時間以上の遅れ。

 

しょっぱなから遅延をかましてくれました。

 

さすが南米。

 

スケジュールなんてあってないものと思った方がいいみたいです。

 

DSC00326

 

バスターミナルの様子。

治安の悪いリマでは、一眼レフなど出していたら強盗を呼ぶよってよく言われているので、コンデジで一瞬撮ってすぐにしまっています。

 

DSC00329

 

そして今回利用したバスがコチラ。

バス会社はCiva(シバ)社。

 

ペルーでは以前紹介したCruz Del Sur(クルス デル スール)や今回のCiva(シバ)を使っておけば問題ないかと。

 

ただ、今回別にケチったわけじゃないけど、シバのECONOCIVAってグレードで予約。

要するにエコノミーってこと。

 

前の日。

 

チケットの予約をして宿に帰り、オーナーのなつきさんに報告したところ

 

「エコノシバでクスコまで行くんですか!?」

 

ってちょっと驚かれてしまって。。

いや、普通これだけの長距離移動ならもう1つ上のグレードか最上位のグレードを選ぶものだって。

 

ただ他にいい時間もなかったし今回はエコノミーで行くことに。

逆にこのバスで24時間耐えれたら南米どこでも行けるでしょう、くらいの気持ちで行きました。

 

DSC00331

 

バスの中の様子。日本の観光バスみたいな感じです。

 

グレードがいいやつになるとフラットに倒せるみたい。

ということで、定刻より1時間15分遅れで出発。

 

丸一日はかかるだろうバスに乗ったことだし、バスターミナルに行くまでやバスの待ち時間も気を張って少し疲れていたので、

 

とりあえず一眠りしよう。

 

 

と思った矢先。

 

 

DSC00333

 

一人のおじさんが険しい顔をして、大声で話始めました。

 

DSC00334

 

その手に歯ブラシと歯磨き粉を握りしめて。

 

汗だくになりながら。

 

DSC00351

 

外はこんなに素晴らしい風景が広がっているのに、

 

DSC00354

 

こんなにのどかなのに、

 

社内は、

 

DSC00332

 

虫歯についての講習会。

 

何これ?

 

ペルーの長距離バスってこれが普通なの?笑

これには、一緒にバスに乗っていたマッキー(前日旧市街観光を一緒にした友達)と二人で大爆笑。

 

いや、笑ったら失礼だから必死に笑いをこらえてました。

 

早くも南米長距離バスの洗礼。

 

 

まぁ結論から言うと、車内販売です。

最初に一緒に乗って、途中で降りる町までの間に車内販売しているんです。長距離で丸一日乗って、歯磨けないから歯ブラシ買わないと虫歯になっちゃうよって話です。

 

いやいや、そんな単純な話で買うわけないでしょ、おじさん。

 

って思ってたらみんな結構買ってて。

地元の人たちが。(エコノミーだったので乗ってたのは地元の人が多かったです)

 

色んな商売があるんだなー

と、1ついい勉強になりました。

 

この他にもマテ茶だのコカ茶だの入れ替わり立ち代わりで色んな人が商売してました。

これはこれで面白かったなー。

 

DSC00363

 

DSC00366

 

途中の休憩地点。

 

DSC00371

 

DSC00375

 

DSC00377

 

みんな昼食とかとっていたけど、僕らは用意していたパンを食べて終了。

 

DSC00378

 

DSC00379

 

DSC00387

 

隣に座っていた女の子。

長距離で、しかも山道のせいかみんなゲロゲロやってました。笑

地元の人こそ慣れてるんじゃないのかな?笑

 

まぁ確かに丸一日バス移動ってなると結構しんどいもので、外の風景にも飽きちゃったりしますが、僕は日本にいる時にも長距離バスを結構使っていて慣れてたし、すぐに寝れるタイプなので思った以上には問題なかったです。

 

DSC00389

 

かなり山間の奥深くまで来て、スケジュールの22時間が過ぎ、そろそろ着く頃かなぁと思ったところでバスが停車。

 

他にも沢山のバスが。

 

と、ここでハッと気づいたことが。

前日からクスコでストライキがあると言う情報を聞いていました。

 

ストライキの間はバスなどの交通機関は完全に麻痺し、いつ動くのか分からないとのこと。

リマの宿に到着した日にこの話を聞いていたのですが、バスの予約時にはすっかり忘れてて、ストに突っ込んで行ってました。

 

ということで、いつ終わるか分からないストの前に立ち往生。

正直自分じゃどうすることもできない。

 

DSC00402_01

 

まぁ騒いでも仕方ないので、のんびりすることに。

 

DSC00396

 

写真撮影なんかしちゃったりして。

 

DSC00412

 

地元の人なんかサッカーし始めちゃいましたよ。

 

さすが。

これくらい軽く考えないとね。

 

日本人はせかせかし過ぎって言われるのも分かります。

 

DSC00418

 

これはストと関係あったのかなー

道には瓦礫みたいなのが散らばってました。

 

DSC00419

 

おっちゃんもこの通り。

結局ストは1〜2時間くらいして終わり、その後、無事クスコに着くことができました。

 

なんだかんだでバスターミナルに着いたのが、19時頃。

 

時間にすると28時間以上かかってることに。

一日どころじゃなかった。笑

 

ということで、次回はクスコ〜ラパス、ウユニあたりまで書いていきます。

 - ペルー ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_5087
世界遺産、美しいクスコの街並みと日常

  【5/7】   クスコ。     マ …

DSC_5421-2
空中都市・マチュピチュ

  【5/9】     空中都市・マチュピチュ。 …

DSC_5324
いざマチュピチュ村へ。スタンドバイミーコースをトレッキング。

  【5/8】   チケットを購入した翌日、いよいよマチュピ …

DSC01381
リマ→キト、バス移動

  【5/11】     前日にバスでクスコから移 …

DSC_7298
ペルー・リマ旧市街

    リマに到着し、宿で一泊した次の日。 宿のメンバーと一 …

DSC_4807
ラパス→クスコ、バス移動

  【5/6】   ボリビアを足早に見て回り、次はペルー、ク …

DSC_5811
マチュピチュ村(アグアス・カリエンテ)の宿情報

  アグアスカリエン、通称マチュピチュ村。     …

DSC00255
ロサンゼルスからペルー・リマへ。いよいよ南米に突入。早速問題発生。。

  ゴールデンゲートブリッジやアンテロープキャニオン、ホースシューベン …

DSC_4852
クスコからマチュピチュ村への行き方&チケット購入方法

  【5/8】   この日はクスコからマチュピチュの麓の村ア …

DSC_7064
リマの日本人宿・お宿桜子

  出発時ちょっとしたトラブルがありましたが、定刻通りリマに到着。 & …