Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

一眼レフ初心者三種の神器 その1:単焦点レンズ レンズの性能でこれだけ違う。

      2015/01/07

 

一眼レフのズームキットなんかを購入して、次に買うものと言ったらやっぱこれになるのかと。 これまでコンデジやスマホで写真を撮っていた人が初めて一眼レフを手にした時、

 

画質の良さに驚き、

シャッターを切るとこの楽しさを覚え、

所有欲に満たされ、

ひと通り操作を覚えた次に来るのが、

 

もっといい写真を撮りたい!

 

って気持ち。

まさに自分がそうで、これはほとんどの人がそうなんじゃないかと。

 

昔のズームレンズなんて無かった時代の人たちからしたら「そりゃあ単焦点が写り良いのは当たり前で、皆知ってるよ!」って思われるかもしれませんが、フィルム時代を知らない僕たちの世代(少なくとも僕は)なんかはズームレンズが当たり前で、逆に、ズームができないレンズを買うって考えがありません。

 

写りが良いって分かってても今の状態でも十分綺麗に撮れてるし、レンズだけに数万円も掛けるなんて、、

 

って思っちゃいます。

 

でも実際に単焦点を使ってみて、写りが良いのは勿論ですけど、それ以上に「写真を撮る楽しさ」を教えてくれるんだなと思いました。

 

自分の足で画角を決めて、自分がイメージした雰囲気・ボケ味を表現する。

車で言うとミッション、PCで言うと自作。

 

ここらへんは性格の部分も入ってくると思うので、ハマる人そうでない人がいると思いますが、それでもコンデジやスマホなどを使った、普段の「写真を撮る」という行為とは違うものだと感じます。

 

単焦点レンズについてはこれまで何回か書いてきたので、わざわざもう一度書く必要はないかなー

と思いましたが、実際にボケがどのくらい違うのかを比べて見ようと思って今回書くことにしました。

 

過去のエントリーはこちら。

初心者のための失敗しないデジタル一眼レフの選び方:知識編

 

今回ボケの違いを検証するために使用したレンズはこちら。

 

DSC_1620

標準ズーム:AF-S NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6G

単焦点:AF-S NIKKOR 50mm 1:1.8G

 

僕は標準ズームレンズを持っていないので今回は親のレンズを借りました。

前も書きましたが、とにかくF値が小さいほどよくボケるってだけ覚えてもらったら大丈夫です。

 

検証での条件としては

 

・同じボディ(D7100)

・同じ設定(撮影モードなど)

・同じ焦点距離(50mm)

 

で、F値だけを変えていきたいと思います。

 

そして、

今回はちょー有名な方たちに被写体として参加してもらいました。

 

DSC_1622

 

何かの付録で集めたワンピースのフィギア。押し入れから引っぱり出してきた笑

 

懐かしいな。笑

 

まず最初に2つのレンズの比較。

焦点距離、F値は同じなのでボケ味は変わらないと思います。単純にレンスの性能の差を見てみようと。

 

DSC_1660_01

・標準ズーム:AF-S NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6G

焦点距離:50mm   F値:5.6

 

DSC_1661_01

・単焦点:AF-S NIKKOR 50mm 1:1.8G

焦点距離:50mm   F値:5.6

 

見てもらったら分かるのですが、写真の明るさが違います。おそらく拡大したら解像度も違ってるかと。

カメラの設定はいじってないのでこれはレンズの差。単焦点レンズがよく明るいレンズって言われるのが分かります。

 

レンズでこれだけ違うんですねー。勉強になる。

 

そして、大事なのはここから。

標準ズームレンズは焦点距離が50mmの時、F値は5.6が最小値なのでこれ以上ボケ味を出すことはできません。なのでこっからが単焦点レンズの見せ所。今回使用した単焦点レンズはF1.8まで可能なので、F1.8〜16まで段階的にふってみました。

 

結果。

 

DSC_1650

F1.8   

 

ルフィの顔にピントを合わせています。

ほんの少し後ろにあるエースの顔がすでにボケています。白ひげなんてボケボケ。

 

DSC_1653

F6.3

 

ここでようやくエースの顔が見えるように。

 

DSC_1655

F16

 

なんとかシャンクスとローの顔が見えるようになったかと。

 

うーん。

 

実際に比較してみるとF1.8ってのはすごい。F値がもっと小さいレンズやフルサイズのカメラ使ったら更にボケるんでしょう。

初めて一眼を手にした人にとっては、これだけのボケを体験すると写真を撮るのが楽しくなってくると思います。

 

別にボケが全てではないですが、初めての人にとってはこれが楽しくてしょうがないんです。

僕は一人でわーきゃー言いながら撮ってました。

 

これで写真の表現の幅が広がるのはまぁ間違いないです。

 

 

てことで標準ズームレンズと単焦点レンズの比較でした。

また時間あったら色んなレンズ比較してみます。

 

あ、最後にもう一つ。

 

フィギアが写った一番最初の写真。他の写真とは明るさや色みが違うってことに気づいた人もいるかと思います。

 

これもレンズの違い。カメラの設定は変えていません。使用したレンズは、単焦点AF-S NIKKOR 28mm 1:1.8G。

 

ちょっとお高いレンズです。 やっぱレンズって大事なんですね。改めて実感。

カメラの性能を生かしたいならちょっとでも良いレンズ使えっていうことがよく書いてありますが、納得させられます。

 

以上、レンズの比較でした。

 

 

 - カメラ, 旅グッズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

DSC_5861
カバンの中のカオスを解消!cocoonのGRIT-IT

  前回紹介したmont-bell Travel Kit Pack L …

flower
花を撮る時に心掛けている4つのこと

  今回は街を歩けばどこでも見かける「花」の撮り方について書いていきた …

DSC_1680
一眼レフ初心者三種の神器 その2:三脚 シャープな写真はここから始まる。

  三脚。   重い・大きい・大げさ。   普段ス …

sharp
シャープな写真を撮るために心掛けている7つのこと

  カメラについて書くのは久しぶりです。 サイトもリニューアルしたこと …

DSC_0011
SDカード 大は小を兼ねるってことで32GB2枚。

  旅中はほぼ毎日撮るでしょう、写真。   カメラの性能は時 …

森
森を撮る時のちょっとした工夫

  前回は普段、風景をメインで撮っている僕が「川」を流して撮るときに行 …

DSC_1671
一眼レフ初心者三種の神器 その3:レリーズ リモートスイッチは700円の互換品で十分満足だと思う。

  三種の神器の最後。   レリーズ(リモートスイッチ)。 …

no image
最近のソニーの勢いがハンパない。コンデジに続きフルサイズのミラーレス一眼を発表。

  昨年発売されたフルサイズセンサー搭載コンデジ「Cyber-shot …

DSC_0003
薄くて軽くて便利。長期旅行のPCはMac Book Airで決まり。

  2年前くらいに中古で購入しましたが、軽くて薄くてオススメ。 &nb …

スクリーンショット 2013-09-18 20.01.43
カメラ初心者のための失敗しないデジタル一眼レフの選び方:知識編

  デジタル一眼レフを購入して約3ヶ月経とうとしています。 最近は毎週 …