Meet Source Trip

カメラ片手に世界をブラブラする28歳の世界一周旅行記

“Could art change the world? -アートは世界を変えられるのか-“ フランスの写真家 JR

      2014/02/06

 

 

初めてJRの作品を見た時はそのスケールのデカさに圧倒されました。

 

 

JR1

 

アートプロジェクト【Women Are Heroes】におけるケニアでの作品。

 

 

 

貧困、紛争地域で日々絶え間なく続く暴行、性的虐待などの犠牲になりながらも、たくましく生きる女性たちを世界に伝えるプロジェクト。現地で撮影した女性のポートレート写真をプリントして屋根や壁などに貼り付け、展示しています。

 

 

 

JRとは?

 

JRとは、フランス人写真家/ストリートアーティストで、モノクロのポートレート写真を巨大なプリントにして世界中の壁や屋根に貼り付けているストリートアーティストで、2011年にTED賞を受賞するなど世界的に注目を集めています。

 

 

 

TED公式のページでは日本語訳付きです。

 

http://on.ted.com/JRTEDTalk

 

 

 

グローバルな参加型プロジェクト【INSIDE OUT】

 

彼が注目されたのが2011年なのでちょっと古い情報になってしまってますが、昨年には、【INSIDE OUT】プロジェクトとして、東日本大震災の被災地である東北を訪れ、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を通して資金を募り、巨大プリンターを積んだ車で現地を周り続けていました。

 

 

JR3

 

【INSIDE OUT】日本、東北

 

 

僕は、「たった一枚の写真で人は感動できる」って本気で信じていて、JRの作品がまさしくそれかと。

 

 

ただデカいから凄いってわけじゃないんです。

 

 

誰にだって、「何が凄いかよく分かんないけど、とにかく引きつけられる」って写真があると思います。

 

 

そこには撮り手の思想であったり、哲学であったりが含まれていて、写真を通して世界に何を伝えたいのか・表現したのか、ってのがにじみ出ているんです。

 

 

そして、そんな直感的で刺激的な写真を撮るってのは、実際誰でもができることではない。

 

 

シンプルなモノほど創造するのは難しい。

 

 

JRの作品は、誰もが一度はやってみたいなーと考えることを、ためらうことなく、強烈なメッセージに乗せて表現しています。

 

 

JR2

 

【INSIDE OUT】イスラエル、ナブルス

 

 

 

曲がりなりにも日々写真を撮っている僕としては、写真を撮るということを改めて考えさせられる出会いでした。

 

 

教えて頂いた先輩に感謝です。

 

 

 

 - 考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでフォローする

  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

blog
ブログを書く目的って?

  明けましておめでとうございます。   今年初エントリー。 …

DSC_0197
最近はもっぱら写真を撮ることが趣味です。

  写真って物事を伝えるのに一番シンプルな方法だと思ってて &nbsp …

DSC_3019_02
勇気とひらめきとイノベーション

      バルーン会場で撮った一枚。 &nbsp …

DSC_0081
これからについて

  G.W.が明けてすぐに、上司に退職することの旨を伝え、6月末で今の …

manifesto_sarah_desktop
人生でふと立ち止まった時に読んでほしい、HOLSTEEの心打たれるマニフェスト

  27歳にもなると自分の周りにいるのはほとんどが会社勤めの社会人。 …